スポンサーリンク

ライブ、演奏会に挑む際の心得。

雑記
スポンサーリンク




「本番に緊張しすぎて、思うように演奏できなかった」
という人はよくいますよね。

今回はそんな人に向けて、
後悔がない演奏ができる心得について書きたいと思います。


スポンサーリンク

①圧倒的な自信をもつ。




伝説のギタリスト、エリック・クランプトンの格言を紹介します。

ステージに上がったとき、自分が一番上手いと思え。
ステージを降りているとき、自分は一番下手だと思え。


エモいことを言いますね。
自信がないと、最高の演技ができません。
演奏のときは、自信を持ちましょう。


ありがちですが、MCで、以下のような言葉は言ってはいけません。

「練習不足だ。」
「難しい曲だから、温かく見守ってください。」

お客さんは、自分の時間を使ってあなたの全力の演奏を見に来ています。
予防線を張らずに、思い切って自信をもって演奏しましょう。


②練習で出来ないことは本番で出来ない。




要は、ちゃんと練習しとけっていうことです。
練習せずに本番に臨むと、必ずといっていいほど

「練習しとけばよかった…。」

という後悔が生まれます。必ずです。

「練習でできなくても、本番なんとかなるやろっ。」

っていうのは通用しません。

本番の方がアウェイな環境だからです。

・空気感
・アンプの音量
・手汗の具合
・手元の見えにくさ。

いろんな要素が、練習の時と比べて変化します。
練習の時に出来ないことが、本番に出来るようになることはありません。

③トラブルを想定しておく。




残念ながらトラブルはあります。
特にバンドでは機材トラブルが多いです。
ジャズセッションだと楽譜をロストするとか、コーラスを間違えるとかですね。

「トラブルが起こらなければいいなー。」

とかじゃダメです。

起こった時を想定しておいてください。
トラブルにどう対処するかを考えておきましょう。

以下に、例をあげておきます。

・ギターの弦が切れる。
 ⇒予備のギターを用意しておきましょう。

・エフェクター・アンプから音が鳴らない。
 ⇒ケーブルが原因のことが多いので、事前に確認しておきましょう。

・ピックを落としてしまう。
 ⇒予備のピックをマイクに挟んでおきましょう。

・セッション中に曲をロストする。
 ⇒周りの人が助けてくれます。堂々とほかの人の演奏を聴きましょう。


まとめ




いかがでしたでしょうか。

やはり精神面の部分が大きいと思います。
本番は、自信をもって、トラブルが起こっても冷静に対処できるようにしましょう。
そういったことも含めて、”演奏の上手さ”なんですよね。

失敗しても大丈夫です。次の日には忘れていますので(笑)
失敗は悪いことではありません。良い経験になります。

ぜひ頑張ってください。グッドラック。


では!



雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
datt-musicをフォローする
スポンサーリンク
DATT. MUSIC
タイトルとURLをコピーしました