ポップス・ロック

さよならエレジー / 菅田将暉 【コード進行分析】

菅田将暉の 3rdシングル『さよならエレジー』です。作詞・作曲は石崎ひゅーいさんです。ドラマの主題歌にもなっていましたね。


では、いきましょう!


キー:D♭メジャー
(♭5つ)



Aメロ

1~4小節目

B♭m→Fm7→G♭→A♭→D♭:Ⅵm→Ⅲm7→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

ダイアトニックコードが使用されています。63451となっています。

 

5~8小節目

B♭m→Fm7→E♭m7→F7→B♭m:Ⅵm→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm

F7コードの部分にセカンダリードミナントが使用されています。次のB♭mコードへとドミナントモーションする形になっています。特にこのⅢ7はセカンダリードミナントの中でも突出して使用頻度の高いコードなので覚えておくといいかもしれません。(Ⅲ7→Ⅵmという流れが多いです。)

15~16小節目

E♭m7→F7→B♭m:Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm

先程に説明した通り、セカンダリードミナントが使用されています。

メロディ:「どうせつかめないのに…」

F7コードの「つかめないのに」の部分にFコードの3rd音であるA音が使用されています。

Bメロ

5~7小節目

B→A→F7:♭Ⅶ→♭Ⅵ→Ⅲ7

B→Aというコード進行。♭Ⅵと♭Ⅶが使用されています。これはモーダルインターチェンジと呼ばれるものです。D♭ナチュラルマイナーダイアトニックコードのコードを使用することで、少し変わった雰囲気(マイナー特有の暗さ、カッコよさ)を演出することができます。

D♭ナチュラルマイナーダイアトニックコード

メロディ:「くりかえしてほしくて…」

「くりかえして..」の「え」の部分にD♭ナチュラルマイナースケールの音が使用されています。♭3rdの音で、マイナー感を象徴する音ですね。

 

サビ

2~5小節目

B♭m→Fm7→G♭→A♭→D♭:Ⅵm→Ⅲm7→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

ここも63451のコード進行が使用されてます。Aメロと同じですね。


6~9小節目

B♭m→G♭→A♭→D♭:Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

ここの部分では地味に小室進行が使用されています。定番コード進行です。この進行は、小室哲哉のGetwildを初めとして、久石譲のSummer、エヴァの残酷な天使のテーゼなどの様々な曲に使用されている進行ですね。

詳しくはこちら。定番コード進行③:小室進行


Cメロ

2~5小節目

G♭→A♭→Adim→B♭m:Ⅳ→Ⅴ→♯Ⅴ→Ⅵm

dimコードが使用されています。経過音としての役割です。A♭コードとB♭mコードを半音で繋ぐことによって、コード進行をスムーズにしています。

ちなみにF7コードでも同じような効果を得られます。構成音が似ている(代理コードとして機能する)ためです。

<コード構成音>
Adimコード:A・C・E♭
F7コード:F・A・C・E♭

まとめ



いかがでしたでしょうか。



曲全体のコード進行としては、ダイアトニックコード中心でそれほど難しくなかったと思います。個人的には少し昔のブルース、ロック感を漂わせるようなカッコいい曲だと思いした。


参考になれば幸いです。


では!


CD、バンドスコアはこちら




さよならエレジー / 菅田将暉 〜日本テレビ系日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」主題歌 楽譜 スコア バンドピースBP1999


動画はこちら

 

 

 

ABOUT ME
だっとさん
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!