スポンサーリンク

アイネクライネ / 米津玄師【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク



米津玄師さんのアイネクライネです。メジャー1枚目の曲です。
楽譜も載せてありますので参考にしてください。

では、いきましょう!


キー:D♭メジャーです。
(♭5つ)

スポンサーリンク

Aメロ

 

2~3小節目:

 

G♭→D♭→A♭→B♭m:Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm
ポップパンク進行が使用されています。4156進行と呼ばれるものですね。

ポップスやロックではよく使用される進行です。
これについてはこちらで解説しています。
定番コード進行④:ポップパンク進行

4~5小節目:

 

F→Adim→B♭m:Ⅲ→#Ⅴdim→Ⅵm
この曲に特徴的なコード進行パターンです。
Adimコードは経過音として使用されています。次のB♭mへ半音下からアプローチしています。このアプローチはパッシングディミニッシュと呼ばれます。

※ベースラインを強調して Adimコードにしましたが、
 F7コードも代理コードとして使用できます。

 

Bメロ

 

1~2小節目:

 

E♭m7→Fm→G♭→A♭:Ⅱm7→Ⅲm→Ⅳ→Ⅴ
ベースラインがダイアトニックコードに従って上行していく進行です。
曲の盛り上がりを演出することが可能です。

この部分のメロディに特徴があります。
「あなたにわたしの…」のメロディ部分は E♭m7のコード構成音。
「おもいがぜんぶつ…」のメロディ部分もFmのコード構成音になっています。

7~9小節目:

 

G♭→D♭→A♭→G♭:Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅳ
サビ前のコードにⅣ(=G♭コード)を使用するのは珍しいです。
サビでの転調感を演出しています。

サビ前にG♭コードを使用することによってキーがC♭メジャーであるかのように演出します。実際には、サビのキーはD♭なので、あたかも5度上に転調したかのように感じさせ、サビでの盛り上がりを演出しています。


 

サビ

 

8小節目:

 

F→Adim→B♭mⅢ→#Ⅴdim→Ⅵm
サビでもこの進行パターンが使用されています。
Adimコードはパッシングディミニッシュと呼ばれます。

 

Cメロ

 




 

まとめ



いかがでしたでしょうか。


特定のコード進行を何度も使用することで、曲の特徴的な雰囲気を強く感じさせています。全体的に落ち着いた曲調ですね。

コード進行自体はダイアトニックコード主体で、非常にキャッチーな曲に仕上がっていると思います。


参考になれば幸いです。



では!



CD、楽譜、バンドスコアなどはこちら。


動画はこちら。

米津玄師 MV「アイネクライネ」

タイトルとURLをコピーしました