アニソン

【転調分析】Beautiful World / 宇多田ヒカル~「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」主題歌~【音楽理論・楽曲分析】

名曲の転調について分析するプチ音楽理論講座。今回は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」主題歌である「Bautiful World」です。

Beautiful World 〜サビ抜粋〜

Key:Em(#1)→Key:Dm(♭1)で、全音下(-2)の転調が使用されています。

転調先ポイントのA7(Ⅱ7)がKey:Dmに対するドミナント(Ⅴ7)となっているため、比較的スムーズに転調に繋げることが可能です。

この転調に関しては、B♭maj7も重要でこれが、平行調(Key:G)に対する同主調(Key:Gm)の3番目のコードとなっています。


転調契機となっているフレーズが、A#7構成音である、C#音とG音を含んでおり、これがドミナントセブンスの響きを強調しています。

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA