コード進行・楽曲分析

秒針を噛む / ずっと真夜中でいいのに。のコード進行・音楽理論の解説!【楽曲分析】



ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』の楽曲分析をしていきたいと思います。ボーカルのACAねさんの声も印象的ですが、バックの演奏が非常に上手。近年、注目のアーティストかもしれませんね。

それでは、いきましょう!

楽曲のコード進行

この楽曲のキーは、Eメジャーで♯4つになっています。平行調であるC#マイナーでもいいかもしれませんが、今回はメジャーキーで解説したいと思います。

Aメロのコード進行

まずはAメロの部分。セカンダリードミナントであるⅢ7を用いた印象的なコード進行です。G♯7コードの3rd音(ド)が低音部の分数コードになっています。


ここはCdimコードでも構わないかもしれませんね。コード構成音が非常に似ているので、Cdimコードと記載してある場合もあるかと思います。今回はG♯7にした方が楽曲に統一感があったのでそうしています。

もはや定番。Just The Two Of Us進行

また、このコード進行はJust The Two Of Us進行を主軸としたコード進行になっています。これはもうかなり有名になったので言うまでもないかもしれませんが、近年のJ-popでは流行りに流行っているコード進行。”丸さ進行”とも言います。

『夜に駆ける / YOASOBI』『うっせぇわ / Ado』『春に告げる / yama』など様々な楽曲で使用されていますね。こちらの記事でも解説していますので参考にしてください。


「秒針を噛む」では基本的には全てこのコード進行です。たまに変則型が使用されていますが、軸は全部この進行。この辺を意識すると面白いかもしれませんね。

ちょっと珍しいⅥ7コード

ここでちょっと珍しいⅥ7(C#7)が使用されています。それがこの部分。

ピアノのオブリフレーズが、C♯7コード感を強く演出しています。Aメロの繰り返しに繋がる節目の小節なのであえてセブンスコードにして駆動力をつけるという感じでしょうか。なかなか面白い部分です。、

Bメロのコード進行

では、Bメロいきましょう。ここも基本はJust The Two Of Us進行。


Bメロで印象的なのがこの部分。コードが半音ずつ下降していくような進行です。もちろん、楽譜ではセブンスコードで記載していますが、dimコードでも構わないです。


あとここ何回聴いてもBmコードのような気がします。おそらく、コード構成音の内声の動き「E→D#→D→C#」が意識されているのでしょうね。

調の重力を利用した騙された感

そしてBメロの最後の部分。G♯7コードが使用されていて、いかにもマイナー感を漂よわせる部分ですね。

G♯7というのは、平行調マイナーの主和音であるC#m(Ⅰm)のドミナントコード。つまり、次のコード展開としてはC#mに繋がるのが原則なのです。

しかし、実際のサビはAコードから始まる。そうすると、聴き手としては騙されたような感覚が生じるんですね。(いかにもサビで転調したような錯覚に陥ります)

これはトーナル・グラビティ(=調の重力)をうまく活用した手法です。有名曲だと椎名林檎の丸の内サディスティックにもみられますよね。(こちらの記事で解説していますので参考にしてみてください)

※ドミナントコード(Ⅴ7)には、主和音(Ⅰ、Ⅰm)に解決したいという効果があり、ドミナントコードが鳴った時点で、人間は「安定な和音に解決してほしい」というある種の錯覚を起こします。(実際に解決していない段階からです!)

このコードの印象から先の展開を感じとってしまう現象を「調の重力=トーナル・グラビティ」と呼んだりします。


サビ前のワンコードだけで、サビでのカッコよさを演出できる手法。なかなか使い勝手が良い気がします。

サビのコード進行

サビいきましょう。コード自体はJust The Two Of Us進行。

サブドミナントマイナーの泣きメロ

次のコード進行。個人的にはこのコード進行かなり好きです。


このAmコードはサブドミナントマイナーです。これは、同主調のEmダイアトニックコードから借用してきたコードになっています。


その中でもこのⅣmというのはサブドミナントマイナーの代表格で、少し切ない感じを演出できるといわれています。これがピンポイントで挿入されているのが非常に効果的だと思います。

まとめ



いかがでしたでしょうか。


やはりデビュー曲という感じで、コード進行に関しては色々な工夫が組み込まれていると感じました。

ただ、主軸となっているのはあくまでJust The Two Of Us進行。1つのコード進行をいろいろなアプローチで発展させていくという観点では非常に参考になる楽曲なのではないでしょうか。


参考になれば幸いです。


では!

CD、音源はこちら



 

動画



ABOUT ME
だっとさん
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!