スポンサーリンク

秒針を噛む / ずっと真夜中でいいのに。【コード進行分析】

バンド
スポンサーリンク



ずっと真夜中でいいのに。の秒針を噛むです。
ボーカルのACAねさんの声も印象的ですが、バックの演奏が非常に上手ですよね。



では、いきましょう!



キー:C#マイナーです。
(#4つ)


スポンサーリンク

Aメロ

Aメロ全体


この曲はC#マイナーとAメジャーを行ったり来たりしている感じです。

Aメロは特にその傾向が顕著に表れており、それぞれのキーのⅤコードであるG#7コードとE7コードが頻繁に使用されているからです。

1~3小節目


A→Cdim→C#m→E7:Ⅵ♭→Ⅶdim→Ⅰm→Ⅲ♭7
Aメロで繰り返し使用されているコード進行です。

Cdimコード:
このCdimコードには以下の2つの役割があると考えられます。G#7コードでも問題ありません。
①次のC#mコードへの経過音(半音下からのアプローチ)
②G#7コードの代理コード(G#7→C#mのドミナントモーション)

ちなみに、Cdimコードはハーモニックマイナーダイアトニックからの借用です。マイナー系ダイアトニックは、「ナチュラルマイナー」「ハーモニックマイナー」「メロディックマイナー」の3つが使用できます。今回は、 C#ハーモニックマイナーダイアトニックのCdimコードが使用されています。

C#ハーモニックマイナーダイアトニックコード
C#m・D#dim・Eaug・F#m7・G#7・♭A・Cdim


E7コード:
ここのE7コードはセカンダリードミナントです。次のAコードにドミナントモーションしています。このE7コードが多用していることによって、Aメロのキーが曖昧になる効果を生んでいます。

8~9小節目


G#7→Cdim→C#m→C#7:Ⅴ7→Ⅶdim→Ⅰm→Ⅰ7

G#7コード、Cdimコード:
G#7コードとCdimコードはお互いに代理コードの関係にあります。構成音が似ているからですね。役割としてはあまり変わりません。

G#7コード構成音:G#・C・D#・F#
Cdimコード構成音:C・D#・F#

C#7コード:
C#コードはセカンダリ―ドミナントというものです。Ⅰ7というのが珍しいのですが、ダイアトニックコード内のコードはすべて〇7コードとして使用することができます。役割としては、メロディの区切りの部分なので、曲に少し変化を感じさせる役割をしています。

※キー:AメジャーのⅢ7と考えてもOKです。


メロディ:「君は笑ってた..。」
この部分はG#7コードが使用されているため、メロディもこれに付随してG#7コードの構成音が使用されています。構成音でいうと3rdの音なので、コードを強く意識して使用されていると思います。

 

Bメロ

1~2小節目

A→G#7→C#m→E7:Ⅵ♭→Ⅴ7→Ⅰm→Ⅲ♭7
Aメロで使用されていたパターンを少し変化させています。Cdimコードの部分がG#7コードに変わっただけですね。これらのコードは代理コードです。ルート音が変化しただけだと考えればいいです。

5~6小節目

C#m→Cdim→Bm→A#dim:Ⅰm→Ⅶdim→♭Ⅶm→Ⅵdim
印象的な部分です。コードが半音ずつ下降していきます。ダイアトニックコードの間をdimコードで埋めているといった感じですかね。もう少し詳しく解説すると以下のようになります。

・C#mコード:C#ナチュラルマイナーダイアトニック
・Cdimコード:C#ハーモニックマイナーダイアトニック
・Bmコード: Aメジャーダイアトニック
・A#dimコード:C#メロディックマイナーダイアトニック

7~8小節目

F#m7→Gdim→G#7:Ⅳm7→Ⅳdim→Ⅴ7
コードが半音ずつ上行しています。Gdimコードは経過音としての役割をしています。G#7コードはサビ前の〇7コードです。サビ前では「さぁ、行くぞっ」という感じを演出したいので、〇7コードが使用されるのが定番です。


メロディ:「本当を知らないまま…」
G音が繰り返し使用されています。これはF#m7コードの♭9thです。理論的にはあまり使用しない音使いです。しかし、不穏な響きが出ており、いいアクセントになっています。また、次のGdimコードの構成音にもなっています。この辺は相当工夫がされていると思います。

音を忠実に記載していくと楽譜のようになりますが、ここはそれほど気にしなくてもいい部分だと思います。

 

サビ

サビ全体

サビで転調しています。キー:C#マイナー⇒Eメジャーです。平行調の転調ですね。
サビまではマイナーで少し暗い感じ、サビからはメジャーで明るく元気な感じが出ます。
このパターンの転調は良く使用され、サビでの盛り上がりを演出するために有効です。

キー:Eメジャーとして解説していますが、サビではセカンダリードミナントが多用されているためキーが曖昧な部分があります。

2~3小節目

Bm7→E→A:Ⅴm→Ⅰ→Ⅳ
Bm7コードが使用されています。なぜⅤm7なのかというと、ツー・ファイブ・ワン進行にするためです。一瞬だけキー:Aメジャーに転調したと考えることができます。

キー:Eメジャーと考えた場合:
Bm7→E→A:Ⅴm7→Ⅰ→Ⅳ

キー:Aメジャーとして考えた場合:
Bm7→E→A:Ⅱm7→Ⅴ→Ⅰ(ツー・ファイブ・ワン進行)

この手法はジャズではよく用いられる手法です。間にコードを挿入するといったイメージです。
こちらでも解説していますので参考にしてください。アイデア/星野源【コード進行分析】

5小節目

A→Am:Ⅳ→Ⅳm
Amコードはサブドミナントマイナーです。このⅣmコードはサブドミナントマイナーの代表格です。少し切ない感じを演出できるといわれています。こちらでも解説していますので参考にしてください。アイデア/星野源【コード進行】

6小節目

G#m7→Cdim→C#7:Ⅲm7→♯Ⅴdim→Ⅵ7
Cdimコードは経過音です。この場合は、コードの間に挿入したといった感じですかね。イメージとしては以下のような感じです。

G#m7 →     → C#7(Ⅲm7→Ⅵ7のドミナントモーション)
G#m7 → Cdim → C#7(dimコードを間に挿入する)


 

Cメロ

4小節目

Bm7Ⅴm7
サビでも使用されていました。ドミナントマイナーコード(Ⅴm)とも呼ばれるコードです。
ドミナントマイナーは原則として、Ⅳコードにしか進行できません。その証拠に、次の小節はAコードに進行していますよね。ツー・ファイブ・ワン進行のⅤ7コードを省略したと考えます。

キー:Aメジャーと考えた場合:
Bm7→E7→A:Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ)
Bm7→  → A:Ⅱm7→  →Ⅰ (Ⅴ7コードを省略)


 

Dメロ

Dメロ全体

間奏後のギター伴奏だけになる部分です。メロディはサビと同じです。
キー:Eメジャーに転調しています。

2~3小節目

A→Am→G#m7→C#m7:Ⅳ→Ⅳm→Ⅲm7→Ⅵm7
Amコードです。サブドミナントマイナーです。サビでも使用されていました。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。


さすがはデビュー曲という感じですね、色々な工夫が組み込まれています。
音楽理論を勉強するにはかなりいい曲だと思います。その分だけ演奏が難しいですけどね。
ぜひ、頑張ってください。


参考になれば幸いです。


では!

CDはこちら

 

動画はこちら

ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』MV


タイトルとURLをコピーしました