スポンサーリンク

Flowerwall/米津玄師【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク




今回は、米津玄師さんのFlowerwallです。
個人的には、穏やかな雰囲気で物凄く好きな曲ですね。


楽譜も載せてありますので参考にしてください。


では、いきましょう!



キー:Cメジャーです。
(#、♭なし)

スポンサーリンク

Aメロ

2~3小節目


Am7→Am7/G→Am7/F→C:Ⅵm7→ Ⅵm7/Ⅴ→Ⅵm7/Ⅳ→Ⅰ
この部分は分数コードが多用されています。
ベースラインだけが下降していくタイプの分数コードです。

コードの移り変わりがなく、曲調が穏やかな落ち着いた感じになります。
ダイアトニックコード内のコードを使用しているので、響きとしては複雑ではなく気持ち良い感じです。

※分数コードは、テンションコードとして機能するので以下に解説しておきます。
単純な考え方で、複雑なコードが弾くことができ、響きが豊かになります。

分数コード:Am7/G=テンションコード: G(9,11,13)
分数コード:Am7/F=テンションコード: F▵7(9) 

 

6~7小節目

G→D#7:Ⅳ→Ⅱ7
ここのD7コードは、セカンダリ―ドミナントです。
次のコードがFコードなので、ドミナントモーションしません。

この場合は、”解決しない”セカンダリードミナントといいます。
セカンダリードミナントは必ずしも5度下のコードに解決する必要はありません。


メロディ:「希望もまた絶望も、わ…」
ここの「ぜつぼうも..」の「ぼ」の部分でF#音が使用されています。
これはD7コードの3rdの音となっており、コード構成音に則した音選びになっています。



Bメロ

1~2小節目


C/E→F→G→Am7:Ⅰ/Ⅲ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm7
分数コードであるC/Eコードの 使用されています。
この意図としてはベースラインが上行していく進行にするためです。
高揚感や高まりみたいな感じを演出することができます。サビへの盛り上がりに向けてですね。


3~4小節目


G#dim:Ⅴ#dim

G#dimコードは経過音です。パッシングディミニッシュと呼ばれます。
次のコードのAm7へ半音下からのアプローチすることによって進行の繋がりをスムーズにしています。


Am7→D7:Ⅵm7→Ⅱ7
D7コードが使用されています。これはセカンダリードミナントです。

次のコードのGコードも加味すると、ツー・ファイブ・ワン進行になっています。
一瞬だけGメジャーに転調したとも考えられますね。

キーがCメジャーと考えた場合:
Am7→D7→G: Ⅵm7→Ⅱ7 →Ⅴ

キーがGメジャーと考えた場合:
Am7→D7→G: Ⅱm7→Ⅴ7 →Ⅰ

 

5~6小節目


G→Gsus4→G:Ⅴ→Ⅴsus4→Ⅴ
サビ前のⅤコードです。ここではⅤsus4コードも使用されています。
sus4コードは間延び感を抑えるためによく使用されます。

”間延び感を抑える”とは、数小節にわたって 同じコードが続くときに、
コードを少し変化させて、その退屈さみたいなのを解消することです。



サビ

2~3小節目


G→G#dim→Am7:Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm7

G#dimは経過音です。パッシングディミニッシュと呼ばれます。

ちなみにこのⅤ→#Ⅴdim→Ⅵm7 というパターンはよく使用されます。
それはⅤ#dimがⅢ7の代理コードとして使用でき、Ⅵm7へとドミナントモーションする形になるからです。

今回の場合、G#dimはE7の代理コードとしての響きを持っているので、Am7へとドミナントモーションするような形になるということです。

G#dimコード構成音:G#・B・D
E7コード構成音:E・ G#・B・D


太字部分が共通しています。
構成音が似ているから代理コードとして使用できます。


5~6小節目


F→G→Am7→CG#dim→E7→Am7→C:
Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm7→Ⅰ→Ⅴ#dim→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅰ

コードが1拍毎にの移り変わる部分です。
ダイアトニック内のコードが中心なので、コード自体は難しくはありません。

G#dimとE7は代理コードとして使用できます。機能的には変化していません。

Cメロ

Cメロ全体


コード進行自体は、AメロとBメロの後半の進行を組み合わせた感じです。

7~8小節


D#7:Ⅱ7
ここのD7コードはセカンダリ―ドミナントです。
次のGコードへとドミナントモーションします。


メロディ:「二人が選んだみ..」
ここの「ふたりが..」の「り」の部分でもF#音が使用されています。
D7コードの3rd音となっており、コード構成音に則した音選びです。



まとめ



いかがでしたでしょうか。


ポップながらもどこか壮大な曲に仕上がっていますね。

Aメロの特徴として分数コードが多く使用されていました。
分数コードには2つの役割があります。

①コード進行をスムーズにする。
②テンションコードとして豊かな響きにする。

単純な考え方で、 コードに 豊かな響きを持たせることができます。
作曲やアレンジなどで使用するといつもとは違った雰囲気の曲が出来上がるかもしれません。



参考になれば幸いです。



では!



CD、楽譜、バンドスコアなどはこちら


動画はこちら

米津玄師 MV「Flowerwall」



タイトルとURLをコピーしました