コード進行・楽曲分析

【転調分析】ギラギラ / Ado~Album「狂言」収録曲~【音楽理論・楽曲分析】

名曲の転調について分析するプチ音楽理論講座。今回は、1st Album『狂言』収録曲である「ギラギラ」です。

ギラギラ〜サビ抜粋〜

Key:Bm(#2)→Key:Dm(♭1)で、短3度(+3)の転調が使用されています。

転調ポイントのフレーズに転調先のKey:Dmにおける第3音であるF音を挿入することによってスムーズに転調に繋げています。

さらに、サビでは、E→F#→G→Aというように、同じ種類のコードを平行移動させる、平行和音が使用されている点も印象的です。

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA