スポンサーリンク

春ひさぎ / ヨルシカ のコード進行を分析して解説!

バンド
スポンサーリンク

ヨルシカの「春ひさぎ」です。3rdフルアルバム「盗作」の収録曲です。今までの曲とは少し変わった不気味な雰囲気ですね。

では、いきましょう!


キー:Cメジャー
(♯、♭何もなし)


スポンサーリンク

Aメロ

Aメロ全体

この楽曲はキー:Cメジャーなのですが、全体を通して♭3rd♭6thがかなり積極的に使用されています。これがこの楽曲の不気味な雰囲気のする大きな理由です。

♭3rdは「ブルーノート」とも言われブルースやジャズで多く使用されています。楽曲のキーを不安定にさせるため、不気味な雰囲気がでます。

♭6thは「平行調(Aマイナー)ハーモニックマイナースケールの音」です。ハーモニックマイナースケール自体がかなり癖のあるスケールであるため、これも不穏な雰囲気がします。この辺を意識すると非常に面白いと思います。

あと、リズムはシャッフル気味なので注意してくださいね。

1〜4小節目

Am→G→F→E:Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅲ

Aメロはずっとこの進行ですね。6543進行ですがⅢの部分でメジャーダイアトニックコードにはない、Eコードが使用されているため、キーが曖昧になっています。

また、繰り返すことによって次のAmに対するドミナントモーションの形になっているので、いっそことキー:Aマイナーと捉えてしまってもいいかもしれません。ちなみに、キー:Aマイナーと考えると、Eコードはハーモニックマイナーダイアトニックです。

 

Aハーモニックマイナーダイアトニック

 

メロディ:「大丈夫だ、大丈夫。寝てれば何とかなるし…」


冒頭でも言いましたが、この部分のメロディに♭3rd音(ブルーノート)が多用されています。ちなみにキー:Aマイナーと考えると♭5th音でありこれはマイナー版ブルノ―と一致します。要は、マイナーで解釈しても同じだということです。

 

サビ

1〜4小節目

Am→Dm→G→C→♯Cdim:Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ→Ⅰ→♯Ⅰdim

A→D→G→Cという綺麗な4度進行になっていますね。6251の循環進行というやつです。循環進行は、ずっと繰り返していても飽きない&問題ない進行です。ジャムセッションなどで好まれる進行ですので、覚えておくといいです。

C#dimは、C7コードの代理コードです。次のコードがFコードであるため、それにドミナントモーションするような感じで使用されています。

 

5〜8小節目

F→C/E→♯Gdim→E:Ⅳ→Ⅰ/Ⅲ→♯Ⅴdim→Ⅲ

G#dimとEコードは代理コードの関係にあるコードです。なので、機能的にはさほど変わりません。

G#dimコード構成音:G#・B・D
Eコード構成音:E・G#・B

 

まとめ



いかかでしたでしょうか。


メロディに♭3rdというブルーノートを多用することで、シンプルながらもどこか不気味な雰囲気を演出しています。また、ダイアトニックコードにはないEコードが使用されているためにキーが曖昧になりこれも不気味な感じを演出している理由です。



参考になれば幸いです。



では!


CD、音源、ストリーミング

盗作 / ヨルシカ(通常盤)【CD】



〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題のようです。
Amazon Music Unlimited アマゾン公式

動画

ヨルシカ – 春ひさぎ(OFFICIAL VIDEO)
タイトルとURLをコピーしました