スポンサーリンク

I Love… / Official髭男dism のコード進行を分析して解説!

ポップス
スポンサーリンク


Official髭男dismの「I LOVE…」です。「宿命」に次ぐ4作目のシングル、火曜ドラマ主題にもなっています。ドラマティックな曲展開が印象的ですね。


では、いきましょう!


キー:Aメジャー
(#3つ)


スポンサーリンク

イントロ

4小節目

F#m7→E/G#→A→A/C#→E:Ⅵm→Ⅴ/Ⅶ→Ⅰ→Ⅰ/Ⅲ→Ⅴ

Official髭男dismに特徴的なシンセイザーを使用したイントロフレーズです。
ベースラインがAメジャーダイアトニックコードを駆け上がる形となっています。分数コードについては全てダイアトニックコード内の構成音を使用した”転回系”が用いられています。

Aメロ

1~2小節目

D▵7→C#7→F#m7→Em7→A:Ⅳ▵7→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅴm7→Ⅰ

丸の内サディスティックで有名なJust The Two Of Us進行(Ⅳ→Ⅲ7→Ⅵm→Ⅰ)がもとになっています。おしゃれコード進行の定番ですね。

最後にキー:Dメジャーのツーファイブワン進行が付け足されており、次の小節頭のD△7コードへの進行をスムーズに繋げています。これで1つの繰り返しコード進行が作られています。

Bメロ

3~5小節目

D▵7→C#7→Bm7→E→A:Ⅳ▵7→Ⅲ7→Ⅱm7→Ⅴ→Ⅰ

BメロにもJust The Two Of Us進行をモチーフとしたコード進行が使用されています。この部分では、最後のツーファイブワン進行がキー:Aメジャーのものに変化しています。

小節が4分の2拍子になっている部分には注意してください。

サビ

2~5小節目

D▵7→E→C#m7→Fdim→F#m7:Ⅳ▵7→Ⅴ→Ⅲm7→♯Ⅴdim→Ⅵm7

Aメジャーダイアトニックコードを順番に上行していく進行になっています。Fdimコードが使用されており、次のF#m7コードへの経過音の役割をしています。(パッシングディミニッシュ)



メロディ:「輝く姿は…」

Fdimコードの構成音であるF音が使用されています。Aナチュラルマイナースケールの♭6thの音とも言えますね。

6~9小節目

Bm7→D/E→A→A7:Ⅱm7→Ⅳ/Ⅴ→Ⅰ→Ⅰ7

D/Eコードという分数コードが使用されています。これによってEコードにテンションが付加される形となり、ドミナントセブンスの響きがするようになります。テンションは以下の通りです。

Eコード構成音:E・G#・B
D/Eコード構成音:E・D・F#・A≒E7(9,11)

 

15~17小節目

Dm→Esus4→D:Ⅳm→Ⅴsus4→Ⅳ

Dmコードはサブドミナントマイナーコード(Ⅳm)。Aマイナーダイアトニックのコードです。サブドミナントマイナーの定番ですね。

Esus4→Dという進行で終わるのも上手いと思います。Dコードで解決しているため、転調している感じがします。また、Esus4という浮遊感のあるコードを用いることによって見事にDコードへの解決に成功しています。


○sus4コードというのは音が4度ずつ重なっているコードなので、調性感を崩す性質があります。あえて、調性感を出さない音楽であるモード手法で多用されるコードでもあります。


Cメロ

5~6小節目

D#m7(♭5)→Dm→A/C#→Am/C:#Ⅳm7(♭5)→Ⅳm→Ⅰ/Ⅲ→Ⅰm/♭Ⅲ

難しいコードが続く部分ですが、1つ1つ分解して考えていけば大丈夫です。

全体の流れとしては同主調であるAマイナーダイアトニックコードと分数コードを組み合わせることにより、ベースラインが半音ずつ下降していく進行になっています。#Ⅳ→Ⅳ→Ⅲ→♭Ⅲという流れですね。D#m7(♭5)コードはdimコードの仲間なので経過音として考えるといいと思います。

Dm、Am/CコードはAナチュラルマイナーダイアトニックコード内のコードです。

Aナチュラルマイナーダイアトニックコード



メロディ:「目がくらんで…しまう…」

ここのメロディ部分もコードに合わせてAナチュラルマイナースケールの音が使用されています。


B’メロ

B’メロ全体

コーラスが加わって幻想的な雰囲気をかもしだしています。コード進行はBメロと同じです。

 

 

 

サビ後半

サビ後半

この辺がかなりドラマティック展開になっており、楽曲の雰囲気を一気に高揚させています。

5~6小節目

Dm→Em7→F→Esus4:Ⅳm→Ⅴ→♭Ⅵ→Ⅴsus4

ここも同主調であるAマイナーダイアトニックコードが使用されています。Esus4コードで次の小節のD△7コードへとうまく繋いでいますね。


まとめ



いかがでしたでしょうか。


同主調のダイアトニックコードを随所に使用しながら、楽曲が展開していきます。そのせいもあってどこか浮遊感のある曲に仕上がっているのではないでしょうか。また、楽曲のラストの展開は圧巻ですね。なかなか作り込まれた素晴らしい楽曲だと思います。


参考になれば幸いです。



では!

CD、音源



〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題のようです。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式


 

動画

Official髭男dism – I LOVE…[Official Video]

 

 

タイトルとURLをコピーしました