スポンサーリンク

君はロックを聴かない / あいみょん【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク



今回は、あいみょんの君はロックを聴かないです。
メジャーシングル3枚目の曲ですね。この曲であいみょんを知った方も多いんじゃないでしょうか。


では、いきましょう!


キー:Gメジャーです。
(♯1つ)

スポンサーリンク

イントロ



1~2小節目:C→D→Bm→Em
Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵmの王道進行です。
ポップスでは非常によく使用される進行です。

詳細についてはこちら。定番コード進行②:王道進行


7~8小節目:Am→D
Ⅱm→Ⅴ(ツー・ファイブ)進行です。
次の小節のコードに向けて強い解決感を生み出しています。


Aメロ



1~4小節目:G→D→C→D→G
Ⅰ(トニック)・Ⅳ(サブドミナント)・Ⅴ(ドミナント)を使用した基本的なコード進行です。
今ではめっきり見かけなくなってしまった(ポップスのコード進行が複雑化していて)のですが、これが楽曲コード進行の基本単位で非常に重要なコードの流れになります。


5~6小節目:C→D→Bm→Em
Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵmの王道進行が使用されています。


Bメロ



1~2小節目:C→D→Bm→Em
ここでも王道進行が使用されています。

サビ



1~2小節目:C→D→Bm→Em
王道進行が使用されています。 サビでは特に使用される進行です。



4小節目:D#dim→Em
ここのdimコードは経過音です。パッシングディミニッシュとも呼ばれます。
前後のコードを半音でつなぐ役割をしています。

間奏


ギターソロの部分ですね。


1~2小節目: C→D→Bm→Em
ここでも王道進行が使用されています。


Cメロ(サビ)


Cメロというかメロディはサビですね。
伴奏がアコースティックギターだけになる部分です。


Cメロ全体:
コード進行はサビとほぼ変わりません。
最後の小節が間延びしていて長くなっています。

アウトロ


アウトロ全体:
イントロのコード進行と同じです。


9小節目:C▵7
曲の終わりのコードがⅣ▵7となっていて、曲のキーのコード(Gコード)で終わっていません。独特の終止感があると思います。


まとめ



いかがでしたでしょうか。


王道進行がメインに使用されています。
コード進行自体もダイアトニックコード主体で構成されていて
シンプルな曲に仕上がっていると思います。

メロディが素敵でつい口ずさんでしまうような曲ですね。
やはり曲はメロディーが大事ですね。



参考になれば幸いです。



では!



原曲はこちら。

あいみょん – 君はロックを聴かない 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
タイトルとURLをコピーしました