スポンサーリンク

香水 / 瑛人 のコード進行を分析して解説!

ポップス
スポンサーリンク

瑛人の「香水」です。素朴なアコースティック弾き語りですね。シンプルな楽曲なのでぜひチャレンジしてみてください!


では、いきましょう!


キー:E♭メジャー
(♭3つ)


スポンサーリンク

Aメロ

Aメロ全体

ここの曲で使用されているコード進行は以下の2つです。基本的にはこれの繰り返しですので、これさえ押さえておけばOKです。

①サブドミナント→ドミナント→トニックの基本コード進行
②Ⅲ7セカンダリードミナントの王道進行

2~3小節目

A♭→B♭→E♭:Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

ここはシンプルですね。Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ(サブドミナント→ドミナント→トニック)という基本コード進行です。この曲では基本的にこのコード進行が使用されています。

6~7小節目

A♭→B♭→G7→Cm7:Ⅳ→Ⅴ→Ⅲ7→Ⅵm7

おしゃれコード定番コード進行ですね。王道進行(Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm)のⅢmの部分をカンダリードミナントⅢ7に変更することで、Ⅵmへと強くドミナントモーションしており、平行調マイナーへと一時転調します。その結果、キーが曖昧になり浮遊感のあるおしゃれな感じが出ます。この進行もこの曲で多用されています。



Bメロ

Bメロ全体

Aメロのコード進行とほぼ同じです。


 

サビ

サビ全体

サビもAメロのコード進行とほぼ同じです。


 

まとめ


いかがでしたでしょうか。


2つのコード進行パターンで構成されているシンプルな楽曲でしたね。初心者のかたもぜひ練習して弾けるようになってください!


参考になれば幸いです。


では!

動画

香水 / 瑛人 (Official Music Video)
タイトルとURLをコピーしました