アニソン

ルミナス / ClariSのコード進行と楽曲分析〜<劇場版>魔法少女まどか☆マギか主題歌〜【アニソン研究】

アニソンを音楽的に分析していくということで、第1回は魔法少女まどか☆マギか主題歌のルミナス/ClariSです。

非常に美しい楽曲かつ暗い雰囲気から次第に明るくなるような展開が素晴らしいと感じました。

楽曲のリクエストやこのアニソンが好き!などがあればぜひコメントしていただけると幸いです。

では、いきましょう!

Aメロのコード進行

Aメロは、Key:Eメジャー(#4)です。

コード進行はダイアトニックコードに沿って下行していくという感じ。Ⅵmから始まるので、暗い落ち着いた雰囲気が感じられますね。


続いてAメロの中間部分のC△7というコード。これは同主調(Key:Eマイナー)の6番目のコードで、ダイアトニックコードにはないコードなので非常に特徴的な響きをしていますね。


また、このC△7コードは次のBコードの構成音と半音隣なので、コードの流れとしてもかなりスムーズです。この辺のコード選びは作曲の際にもかなり参考になるかと思います。

Bメロのコード進行

Bメロについては、転調を繰り返していると考えるといいかもしれません。

最初のF#m7は、Aメロのキーを引き継いで、Key:Eメジャー(#4)なのですが、次のFコードを転機として、Key:Cメジャーへと転調しています。


そうすると、コード進行は、F▵7→C▵7→G(Ⅳ▵7→Ⅰ▵7→Ⅴ)になり、いくぶんかシンプルになりますよね。これによって、Bメロはかなり浮遊感に満ちた曖昧な雰囲気になっています。

そして、サビに向かう部分。ここもKey:Cメジャーとなっており、Dm7→Em7→B♭▵7→C#7(Ⅱm7→Ⅲm7→♭Ⅶ▵7→♭Ⅱ7)という具合に上行していくコード進行になっています。


ここでも使用されているテクニックが同主調(Key:Cマイナー)の借用和音であるB♭▵7(♭Ⅶ▵7)です。

また、最後のC#7(♭Ⅱ7)というのは裏コードで、Ⅴのコードと構成音が似ているので、ドミナントの代理コードとして使用することができます。

サビのコード進行

サビは、Key:Eメジャーです。サビで視界が開けたような明るさと希望に満ち溢れたドラマティックな感覚がします。


ここは、ポップスやアニソンではよく使用される王道進行(4536進行)。B/Aという分数コードが使用されているので少し曖昧性をもったコード進行になっています。

次の小節は、F#m7→G#7→C#m7→C#7(Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅵ7)という進行ですね。


ここはセカンダリードミナントのG#7(Ⅲ7)で、次のC#m7(Ⅵm7)へと繋いでいます。また、C#7(Ⅵ7)というのは、本来、F#m7(Ⅱm7)に解決するのですが、この楽曲では、同じくサブドミナントであるA(Ⅳ)に繋がります。

この辺のセカンダリードミナントの使用方法は非常に参考になりそうですよね。

続いてのサビの終わりに向かうコード進行。ここも部分的に短3度下のKey:Gメジャー(#1)に転調していると考えられます。(同主調の平行調)


そうするとAm7→Bm7→C▵7(Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳ△7→…)となり、かなりシンプルな進行になりますよね。


そして、最後のC/Eというコードで次の間奏のKey:Eメジャー(#4)に繋いで終わりということになります。

転調について

転調についてまとめておきましょう。楽曲の流れとしてはこんな感じですね。それぞれ長3度、短3度(同主調の平行調)の転調が使用されています。

長3度の転調:Bメロ、サビ

この楽曲のBメロ、サビで使用されている長3度上というのは結構珍しい転調です。


ポップスでは『Butterfly / 木村カエラ』、『怪物 / YOASOBI』などにも使用されていますが、この楽曲のBメロのようにパートの途中で部分的に使用されているのはなかなか珍しいかと思います。

短3度(同主調)の転調:サビ

短3度の転調に関しては、定番の転調パターンですね。ただ、これもサビの途中でヌルリと使用されているのはなかなか珍しいかもしれません。


ポップスでは『誘惑 / GLAY』『Lemon/米津玄師』などで使用されています。


ということで、転調手法自体は探せば他にも使用されている楽曲はありますが、これらの転調が各パートの途中で使用されているのはこの楽曲の特徴的な部分かもしれませんね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、アニソン研究ということで、「ルミナス/ClariS」について取り上げてみました。転調手法もそうなのですが、コード進行に関してもかなり丁寧に構築されていて、作曲などにも非常に参考になるのではないかと思いました。

他にもリクエスト等があればコメントお願いします。


参考になれば幸いです。


では!

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!