スポンサーリンク

マリーゴールド / あいみょん のコード進行を分析して解説!

ポップス
スポンサーリンク



あいみょんです。流行っていますね。メジャー5枚目のシングルであるマリーゴールドです。非常にキャッチ―でさわやかな曲だと思います。では、コード進行分析していきましょう。


キー:Dメジャー
(#2つ)


スポンサーリンク

イントロ

1~6小節目

D→A/C#→Bm→F#m→G→D/F#→G→A:Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ/Ⅲ→Ⅳ→Ⅴ

カノン進行が基本進行となっていますね。カノン進行についてはこちらで解説していますので参考に!
定番コード進行①:カノン進行


4小節目は本来であれば、Aコードですが、F#mが使用されています。代理コードとして使用されていると考えるといいでしょう。コード構成音がほとんど同じだからですね。

Aコード構成音:A・C#・E
F#m7コード構成音:F#・A・C#・E

Aメロ

1~8小節目

D→A/C#→Bm→A→G→D/F#→G→Asus4→A:Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ/Ⅲ→Ⅳ→Ⅴsus4→A

Aメロの部分もカノン進行が基本進行となっています。このベースラインが順番に下降していくバージョンは本当によく使用されます。

最後にAsus4→Aという流れになっているのが少しアクセントですね。〇sus4コードは遅延効果があります、コードの解決を少しじらすという感じですね。Ⅴsus4やⅠsus4が使用されるのが一般的です。

Bメロ

1~4小節目

Bm→F#m7→G→A:Ⅵm→Ⅲm7→Ⅳ→Ⅴ

目の前でずっと~…の部分。少し雰囲気が変化する部分です。コード進行としては3645進行。ダイアトニックコードが使用されています。

サビ前はⅤコードです。これは「さあ、いくぜっ!」っていう感じのコードです。どの楽曲でもいえることですが、サビ前はたいていの場合、Ⅴコードであるということが多いです。


サビ

サビ全体


サビです。これもカノン進行がメインとなっています。Aメロのコード進行と同じで、カノン進行ベースライン下降Ver.を使用しています。

6小節目のD/F#→Bm7という流れがシンコペーション的なアクセントになっているので注意してください。


Cメロ

1~4小節目

Bm→A/C#→D→A:Ⅵm→Ⅴ/Ⅶ→Ⅰ→Ⅴ

「遥~か~…」のCメロです。Ⅵm→Ⅶ→Ⅰというベースラインのの駆け上がりが曲の盛り上がりを演出しています。使用するコード自体はダイアトニックコードが使用されています。


まとめ



いかがでしたでしょうか。


特に複雑なコードが使用されているわけではなく、非常にキャッチ―な曲に仕上がっている印象でした!MVとも相まって非常にさわやかな曲ですね。

この曲で多用されていたカノン進行は頻出コード進行です。こういったさわやかさを楽曲にはぴったりのコード進行です。ぜひ覚えて使用してみてください。



参考になれば幸いです。



では!


動画

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
タイトルとURLをコピーしました