コード進行・楽曲分析

アポトーシス / Official髭男dismのコード進行・音楽理論の解説~転調と難解和音のバラード曲~

今回は、Official髭男dismのアポトーシスについて見ていきます。

アルバム「Editrial」 に収録されているバラード曲。『CryBaby』に引き続き、転調を数多く活用した楽曲となっています。


では、いきましょう。

Aメロ

AメロはKey:Aメジャー(#3)です。

初っぱなからOfficial髭男dismお得意のⅢ7(C#7)。そして、Em7→A7→Dmaj7というツー・ファイブ・ワン進行が展開されます。

この辺は、質問が多いので改めて説明しておくと「解決先のコードからみてツー・ファイブ・ワン進行」ということになります。

Key:Aなのですが、解決先のDmaj7をⅠと考えると、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ(Em7→A7→Dmaj7)というコード進行が出来上がっていますよね。したがって、ここはツーファイブワン進行と認識する人が多いということです。


音楽は、解決先のコード(ここでいう小節頭)の前にコードをどんどん挿入していくという風潮があり、このように逆算して考えることが多いんですね。特にジャズではこういう考え方がよくされます。


さらに、E/Dという分数コード。これは「ルート音に対して全音隣のトライアド(3和音)」を重ねるというアプローチです。

そうすると、”Dmaj7のテンション全部乗せ”という解釈になり、手軽におしゃれなコードになるという優れものです。覚えておくと便利だと思います。

Bメロ

Bメロで転調していてKe y:G♭(♭6)になっています。

Bメロ中間部分ですが、ここはBlackadder Chord(Gaug/A)ではないでしょうか。

これはアニソンで使用される珍しいコードで、ルート音に対してAugmentを重ねたコードになります。


実際の楽曲では経過音的に使用されることが多く、ドミナントの代理コードとして機能します。

近年では「灼熱スイッチ/雀が原中学校卓球部」で使用されていて話題になりました。これについてはこちらの記事を参考にしてください。

Bメロの途中で転調する

Bメロの途中でKey:E♭(♭3)に転調しています。Fm7→B♭7→E♭maj7のツー・ファイブ・ワン進行で転調している感じ。まぁその前のセカンダリードミナントで転調していたかもしれませんが…。


そしてサビに繋がります。『CryBaby』についで転調が頻繁に使用されていますね。これらの転調については後半で解説したいと思います。

さらに、Ⅳm7(A♭m7)のサブドミナントマイナー。これは同主調からの借用和音でKey:Emのコードになります。

サビ

サビはBメロを引きついで、Key:E♭(♭3)です。


スケールを駆け上がるメロディはかなり印象的ですね。さらに、平行調マイナー(Key:Cm)に解決するツーファイブワン進行(Dm7→G7→Cm7)です。



さらに、Blackadder Chordが使用されています。半音上から解決先に向かうという手法はBlackadder Chordの典型的な使用方法になります。

G♭7は裏コードというもの。もともとはGm7→C7→Fmという進行ですが、C7の代理コードとして使用されています。


よくわからない人は、解決先のコードにであるFm7に向けて半音上のコードを使用すると覚えておくといいでしょう。

サビ後半はお得意のオクターブ跳躍

後半でもスケールを駆け上がるメロディが展開されています。さらに、中間部分では藤原さんお得意のオクターブ跳躍です。


サビは非常にメロディが印象的になっており、ぐっと引き込まれてしまいます。

さらに、少し珍しいのがAm7(♭5)というコードです。

これはトニックの代理として使用されることが多く、Ⅰ6に#11thのテンションを加えたものと解釈することが多いと思います。少し難しいですが、E♭Lydianスケール由来のコードになります。

サビ最後はモーダルインターチェンジ

そして、サビのクライマックスの部分ですね。ここで借用和音が使用されています。モーダルインターチェンジとも言いますね。


同主調であるKey:E♭mのダイアトニックコードを使用することによって、♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰ(C♭→D♭→E♭)というコード進行になっています。

E♭mで終わってもいいのですが、敢えてメジャーコードで力強い響きを演出します。この終わり方は『CryBaby』でもありましたよね。

クラシックの世界ではピカルディ終止ともいいます。

転調について

この楽曲、CryBabyに引き続いて、かなり頻繁に転調されていますね。各パートごとに転調しているといった感じです。まとめるとこのようになっています。

とはいっても法則性がある転調

とはいっても、これらの転調は全て「短3度(-3)」の転調というもの。五度圏でみると2つ飛ばしで時計回りに行き来するというものです。


また、この短3度というのは、それぞれ平行調の同主調の関係になっており、案外、扱いやすい転調になります。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

CryBabyに引き続いて、頻繁な転調が使用されていました。

さらに、Blackadder Chordやピカルディ終止という珍しいコードも使用されており、盛りだくさんな楽曲だったと思います。

参考になれば幸いです。


では!

音源、ストリーミング、CD


〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式(無料体験)

動画でも解説していますので是非!

https://youtu.be/8tz8oQIlVHM
ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA