スポンサーリンク

パプリカ / 米津玄師 Ver. のコード進行分析を分析して解説!

ポップス
スポンサーリンク


パプリカについてのコード進行分析です。作詞・作曲は米津玄師です。

Foorinというこどもユニットが歌っているものもありますが、今回は米津玄師 Ver. について解説していきたいと思います。米津玄師Ver.は雰囲気がしっとりしていて、不思議な感じですね。


では、いきましょう!



キー:Fメジャー
(♭1つ)



スポンサーリンク

Aメロ

5~6小節目

Cm7→F7→B♭:Ⅴm7→Ⅰ7→Ⅳ▵7

この部分はツー・ファイブ・ワン進行になっています。キー:B♭メジャーと考えると、Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ▵7の綺麗な形になりますね。一瞬だけ、キー:B♭メジャーに転調したと考えるといいと思います。

キー:Fメジャーと考えた場合:
Cm7→F7→B♭(Ⅴm7→Ⅰ7→Ⅳ▵7)

キー:B♭メジャーと考えた場合:
Cm7→F7→B♭(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ▵7)

 

8~9小節目

Gm7→C7→Fsus4→F:Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰsus4→Ⅰ

ここもツー・ファイブ・ワン進行です。間にFsus4コードが挿入されている形になっています。このsus4コードは遅延効果を生みます。通常のC7→Fと進行するよりも、C7→Fsus4→Fと進行した方が、ワンテンポ遅く解決したような感じになりますよね。

〇sus4コードの使用方法についてはこちらの記事が参考になるかと思います。
〇sus4コードについて【音楽理論】



Bメロ

4~5小節目

C→C#dim→Dm7:Ⅴ→Ⅴ#dim→Ⅵm7

このdimコードは経過音です。このコード進行は本当によく使用される進行ですね。

dimコードの代理コードとしてⅢ7コードが使用できます(構成音が似ているから)。この場合だと、Ⅲ7→Ⅵm7とドミナントモーションする形になります。これがⅤ#dim→Ⅵm7のコード進行がスムーズに感じる理由です。



メロディ:「あなたに会いたい…」

ここのメロディはC#dimコードに付随して、その構成音が使用されています。C#dimのルート音(C#)ですね。


8~9小節目

B♭▵7→A7→D→Ⅳ▵7→Ⅲ7→Ⅵ

この小節がサビへの転調の契機となっています。セカンダリードミナントであるⅢ7を使用して、転調先のキーの主和音(Ⅰ)である、Dコードへと繋いでいます。



メロディ:「あしたも晴れるかな…」

ここのメロディもA7コードに付随して、その構成音が使用されています。A7コードの3rdの音(C#)ですね。


サビ

サビ全体


サビで転調しています。キー:Fメジャー⇒キー:Dメジャーの転調です。

この転調の方向性の決め方としては、まず、Fメジャーの平行調であるDマイナーの転調を考え、その後に、同主調であるDメジャーに転調する2ステップで考えるといいと思います。

①平行調:Fメジャー⇔Dマイナー
②同主調:Dマイナー⇔Dメジャー

 

1~2小節目

G▵7→F#7→Bm7:Ⅳ▵7→Ⅲ7→Ⅵm7

F#7コードは、セカンダリードミナントです。次のBm7コードへとドミナントモーションする形となっています。


3~4小節目

G▵7→A→A#dim→Bm7:Ⅳ▵7→Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm7

A#dimコードは経過音です。このⅤ→#Ⅴdim→Ⅵm7というコード進行は本当によく使用されます。Aメロでも使用されていました。



メロディ:「晴れた空に種をまこう…」

ここもA#dimコードに付随してコード構成音が使用されています。G#音はdimコードの7thの音です。

キー:Bマイナーと考えた場合のBメロディックマイナースケールを使用したと考えることもできますね。

7~8小節目

G▵7→F#m7→A→D:Ⅳ▵7→Ⅲm7→Ⅴ→Ⅰ

ダイアトニックコードが主に使用されています。メロディの雰囲気を引き立たせるためにシンプルなコード進行になっています。



メロディ:「心あそばせあなたに届け…」

ここのメロディは少し特徴的です。どこか沖縄のような琉球感を感じさせるフレーズです。これはメジャーペンタトニックスケールが使用されているからです。ヨナ抜き音階と呼ばれる5音のみで構成されるスケールで南国のような雰囲気を感じさせることができます。

Dメジャーペンタトニックスケールの構成

 

Cメロ

5小節目

G▵7→A→A#dim→Bm7:Ⅳ▵7→Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm7

A#dimコードは経過音です。このⅤ→#Ⅴdim→Ⅵm7というコード進行、何度も言いますが頻出です。ちょっと切ない感じがして、日本人好みなのだと思います。


まとめ



いかがでしたでしょうか。


Aメロ、Bメロでは暗い不思議な雰囲気を演出し、サビで転調して盛り上がりを演出しています。音色や編曲も含めて雰囲気づくりが素晴らしい曲ですね。


参考になれば幸いです。


では!


動画

米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

 

タイトルとURLをコピーしました