コード進行・楽曲分析

Pretender / Official髭男dism 【コード分析・音楽理論の解説】

名曲の一部分を取り上げて分析するプチ音楽理論講座。今回はOfficial髭男dismの「Pretender」です。

https://youtu.be/TEic1wl3WUo

Pretender〜サビ抜粋〜


ツー・ファイブ・ワン進行が目立つ楽曲です。前半部部分は、Gm7(♭5)→C7→Fm7で平行調マイナーのトニックに解決しています。対照的に、後半部分はE♭m7→A♭7→Dmaj7でメジャー系(下属調)のコード進行になっています。


さらに、D♭m/E♭はサブドミナントマイナー(Ⅳm)。分数コード(Slash Chord)でドミナントテンションとなっておりすこし複雑な響きになっています。手法としてはアッパーストラクチャートライアドと似た用法になるかと思います。

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA