コード進行・楽曲分析

ロマンスの神様/ 広瀬香美がすごいという話〜J-POP進行の全てが詰まっている往年の名曲~【楽曲分析・コード進行】

今回は、いつもと違うのですが「ロマンスの神様」という楽曲について見ていきたいと思います。というのも、なぜかこの楽曲のリクエストが多いんですよね…。(DM、コメント、知り合い等…)

そこで聴いてみると確かにすごい曲。J-POP要素がバランスよくふんだんに散りばめられているなーと感じたので紹介したいと思います。

J-POPの全てが詰まっている楽曲!?

冒頭でも言いましたが、この「ロマンスの神様」という楽曲には、J-POPの要素がふんだんに詰め込まれています。それもキャッチャーなメロを残したままかなりバランスよく…。

ザッとまとめてみるとこんな感じ。

ロマンスの神様で見られるテクニック

  1. クリシェ(Cliche)
  2. サブドミナントマイナー(Ⅳm)
  3. ドッペルドミナント(Doppel Dominant)
  4. 5度進行(Cycle Progression)
  5. 王道進行(4536)
  6. 楽曲を通しての転調


では、実際にどの部分が該当するのか見ていきたいと思います。

Aメロ

Key:A♭(♭4)。まずAメロですが、この部分には「クリシェ(Cliche)」が使用されています。


コードをみてみると、A♭→A♭maj7→A♭7とになっており、構成音(A♭→G→G♭)が半音ずつ下行する形になります。これも1990年代のJ-POPでは定番手法。


さらに、次の小節では、サブドミナントマイナー(Ⅳm)。D♭mの部分ですね。

これは、A♭メジャーダイアトニックの4番目のコードをマイナーにするというもの。切ない響きがするといわれています。


Aメロの最後のコードが、B♭7→E♭7になっているところもちょっとしたポイント。このセブンスコード(○7)は、セカンダリードミナントの仲間なのですが、解決先コードのちょうど5度上(Ⅱ7)になっているため、特に「ドッペルドミナント(Doppel Dominant)」と呼ばれます。


「5度(Ⅴ)の5度(Ⅴ)」ということで、力強い&壮厳な響きがするため、印象に残るといえます。まぁ有名なのは『スーパーマリオブロス(Super Mario Bros.)』のテーマ曲の冒頭ですよね。


 

Bメロ

AメロからBメロにかけて転調しており、Key:A♭(♭4)→Key:B(#5)になっています。


Bメロは、転調も印象的なのですが、コード進行についても一環して「王道進行(4536)」、使用しており、キャッチーさを残したままの展開になっています。


さらにBメロでは、あとに続く部分も8小節ごとに転調しており、めまぐるしい楽曲展開になっています。この部分からは、Key:A(#3)となっていて、今度は全音下(-2)の転調となっています。

サビ

Bメロからサビにかけて、また転調しており、Key:A(#3)→Key:F#(#6)となっています。これは短3度(-3)になっています。


サビのコード進行はやはり、王道進行(4536)を主体としたコード進行。


この王道進行は、「5度進行の派生形」とも考えられるため、本質的は、ほぼ5度進行で成り立っているのがこのサビ部分になります。

まとめ


最後にこれまでの解説をまとめておくとこんな感じ。


まさに、ワンフレーズごとにコンセプトを持って作曲された感じ。どうやら、作曲・アレンジには、広瀬さん以外の何人もの音楽プロデューサーが関わったらしく、流行のJ-POP要素をどんどん詰め込んだ結果、この楽曲が出来上がったのかもしれません。


参考になれば幸いです。


では!


音源、ストリーミング、CD


〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式(無料体験)

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA