スポンサーリンク

空の青さを知る人よ / あいみょん 【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク


今回は、あいみょんの空の青さを知る人よです。メジャー9枚目のシングルです。映画『空の青さを知る人よ』の主題歌にもなっていました。


では、いきましょう!



キー:Gメジャーです。
(#1つ)


スポンサーリンク

Aメロ

1~4小節目

G→D→C→Am→D:Ⅰ→Ⅴ→Ⅱm→Ⅴ

いずれのコードもダイアトニックコードが使用されています。最後のAm→Dというコード進行はツーファイブワン進行の流れになっています。


9~13小節目

Em→D/F#→Em→C→D→Em:Ⅵm→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm

ここの小節で少し雰囲気が変わりますね。キー:Gメジャーというよりは、キー:Eマイナー (平行調) が意識されていると思います。

実際、C→D→Emの部分で最後の解決するコードがEmコードとなっています。キー:Eマイナーで分析すると、♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰmというコード進行になり、マイナーキーでよく使用される解決型コのード進行となります。



Bメロ

Bメロ全体


ここでまた楽曲の雰囲気が変わります。コーラスがいい味を出していると思います。歌詞もなんかかっこいいですよね。

楽曲のキーとしては、一瞬だけGメジャー⇒Cメジャーに転調したと考えることができます。


1~4小節目

F→C→F→G:♭Ⅶ→Ⅳ→♭Ⅶ→Ⅴ

この小節で一瞬だけキー:GメジャーからCメジャーへと転調しています。メロディ音からは判断がつきませんが、Fコードが使用されていることからそう判断できますね。キー:Cメジャーと考えると、このコード進行は以下のようになります。

キー:Cメジャーの場合
F→C→F→G:Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ

 

7~9小節目

Am→Bm7→C→D→Dsus4:Ⅱm→Ⅲm7→Ⅳ→Ⅴ→Ⅴsus4

ここの部分はキー:Gメジャーで通常どおりです。コードが順番に上行していく進行になっています。サビに向けて盛り上がりを演出するためですね。サビ前の〇sus4コードは定番です。


サビ

1~4小節目

G→D→C→Bm7→Em:Ⅰ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅲm7→Ⅵm

サビのコード進行です。ダイアトニックコードが使用されています。特に定番コード進行というわけではありません。


7~8小節目

C→C#dim→D:Ⅳ→#Ⅳdim→Ⅴ

dimコードが使用されています。これは経過音(パッシングコード)とい呼ばれるものです。前後のコードを半音でつなぐ役割をしています。


9~12小節目

G→D→D#dim→Em→A7:Ⅰ→Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm→Ⅱ7

ここのD#dimも先程と同様に経過音(パッシングコード)です

A7コードはセカンダリードミナントです。Ⅱ7ですね。解決先のコードがCコードなので、ドミナントモーションしないパターンのセカンダリードミナントです。



Cメロ

Cメロ全体

個人的な意見ですが、すごくあいみょんらしいパ-トだと思います。何度も同じワードを繰り返すことで、強く感情が表現されています。

メロディの音自体は同じ音が多用されています。コード進行もダイアトニックコード中心で、特に難しくはありません。



まとめ



いかがでしたでしょうか。



Aメロの後半やBメロあたりで少し雰囲気を変化させる工夫がなされています。それ以外は、ダイアトニックコードが中心に使用されているので、難しくありません。相変わらず、メロディがキャッチーでさわやかなとてもいい曲です。



参考になれば幸いです。



では!

CD、バンドスコアなど





動画はこちら

あいみょん – 空の青さを知る人よ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました