スポンサーリンク

宿命 / Official髭男dism 【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク


今回は、Official髭男dismの「宿命」です。シングル3枚目です。甲子園の主題歌にもなっていました。歌詞もその辺を意識して作られていますね。


では、いきましょう!


キー:Fメジャー
(♭1つ)



スポンサーリンク

Aメロ

 

 

1~2小節目

F→Am→B♭▵7:Ⅰ→Ⅲm→Ⅳ▵7

Aメロで何度も使用されているコード進行です。ダイアトニックコードが使用されています。B♭▵7の4和音が使用されているのでおしゃれな雰囲気があります。

C→C#dim→Dm7:Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm7

C#dimコードは経過音の役割をしています。この使用方法は「パッシングディミニッシュ」と呼ばれます。前後のコードを半音進行で繋ぐことによってコード進行をスムーズにしています。

 

3~4小節目

Dm7→F/C→Bm7(♭5):Ⅵm7→Ⅰ/Ⅴ→♯Ⅳm7(♭5)

F/Cコード:
分数コードが使用されています。Fコード構成音であるC音がルート音 (転回系) として使用されています。次のコードのBm7(♭5)への繋がりが意識されています。ピアノ伴奏メインのパートなので、指の動きが少なくなるようなコード選びなのかもしれません。

Bm7(♭5)コード:
ここのBm7(♭5)コードについては音楽和声的な解釈が、今いちよくわかりません。歌のメロディ音がF音なので、その音が含まれるBm7(♭5)を選んだとのではないかと思われます。

 

Gm7→Bm7(♭5)→C:Ⅱm7→♯Ⅳm7(♭5)→Ⅴ

ここのBm7(♭5)はG7コードの代理コードです。そう考えると、次のCコードへとドミナントモーションします。Bm7(♭5)は、G7コードと構成音が似ているため代理コードとして用いられることがよくあります。

Bm7(♭5)コード構成音:B・D・F・A
G7コード構成音:G・B・D・F

 

8小節目

Gm7→C7→F:Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ

ツー・ファイブ・ワン進行です。このコード進行は「あ、終わった..。」と感じさせる解決感の強いコード進行です。次のBメロで楽曲の雰囲気が大きく変化するため、ここで一旦、終始感を持たせるのは効果的だと思います。

 

Bメロ

1~2小節目

C→C#dim→Dm7:Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm7

このコード進行はAメロでも使用されていました。この楽曲で非常によく見られるコード進行パターンです。dimコードは経過音としての役割をしています。前後のコード進行をスムーズに繋げています。

 

7~8小節目

 

Gm7→Am7→B♭→Bdim→C7:Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳ→♯Ⅳdim→Ⅴ7

コードが順番に上行していきます。サビ前でよく使用されるⅤ7を着地点としています。ここで使用されているBdimコードはB♭コードとC7コードを繋ぐ経過音として使用されています。

サビ

1~2小節目

 

F→C#dim→Dm7→E♭:Ⅰ→♯Ⅴdim→Ⅵm7→Ⅶ♭

C#dimコード:
ここのC#dimコードは、A7コードの代理コードと考えられます。C#dimコード構とA7コード構成音が似ているからですね。そう考えると、次のDm7コードへとドミナントモーションすることになります。 ※Dm7への経過音としても考えられます。

C#dimコード構成音:C#・E・G
A7コード構成音 :A・C#・E・G



E♭コード:
E♭コードは借用和音と呼ばれるものです。 メジャーダイアトニックコードではなく、Fナチュラルマイナーダイアトニックコードに含まれるコードです。借用和音を使用することで、割と自然に楽曲の雰囲気を変化させることができます。一瞬だけキー:FメジャーからFマイナーに転調したと考えられます。

Fナチュラルマイナーダイアトニックコード:

9~10小節目

B♭m7→F:Ⅳm7→Ⅰ

B♭m7コードも借用和音です。Ⅳm7は特に、サブドミナントマイナーと呼ばれており、非常によく使用されるコードです。 これもFナチュラルマイナーダイアトニックコードに含まれるコードであり、一瞬キー:Fマイナーになったと考えます。Ⅳm7は、少し切ない雰囲気が演出できるといわれています。この曲の場合、切ないというと微妙かもしれませんが、曲の雰囲気が少し変化しているのはわかると思います。


メロディ:「暴れだすだけなんだ..」
メロディの音も、コードがB♭m7コードになったのに付随して、Fナチュラルマイナースケールの音が使用されています。

Fナチュラルマイナースケール構成音:

まとめ



いかがでしたでしょうか。

Official髭男dismの楽曲はどれも工夫されていますね。ところどころ変わったコードを使用しているのですが、それでも楽曲をキャッチーに聴かせるあたりはさすがだと思います。


参考になれば幸いです。



では!


CD、バンドスコアはこちら



動画はこちら

Official髭男dism – 宿命[Official Video]

 

 

タイトルとURLをコピーしました