キー(調)理論

【転調分析】グッバイ宣言 feat.FloweR / Chinozo【音楽理論・楽曲分析】

名曲の転調について分析するプチ音楽理論講座。今回は、ボーカロイド楽曲である『グッバイ宣言』です。

グッバイ宣言〜サビ抜粋〜

Key:F(♭1)→Key:B(#5)と大変珍しく、増4度又は減5度(+6)の転調が使用されています。


これは五度圏(Cycle of fifth)において最も遠い関係にある調同士になっているためインパクトの大きい転調となっています(♭,#の変化が大きいため)。


一方、転調ポイントにセカンダリードミナント(Ⅲ7:A7)とメロディにB音を挿入することによりスムーズに転調を成功させています。

https://youtu.be/ZCGQlFXTPkU


ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA