コード進行・楽曲分析

三原色 / YOASOBIのコード進行・音楽理論の解説~キャッチーなコード進行と転調~

YOASOBIのフルMV&楽曲配信が開始されましたので『三原色』について解説していきたいと思います。

YOASOBIらしさが出ていてキャッチ―な楽曲だと思います。お決まりのラストサビの転調も健在ですね。


では、いきましょう。

イントロ

楽曲のKey:A♭(♭4)です。サビ終わってからのイントロ。非常にリズミカルでキャッチ―なフレーズです。


コード進行はFm→D♭→E♭→Fm(Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm)という流れでダイアトニックコードが主体となっています。それほど難しくありませんね。

小室進行っぽい響きですね。最後はFm→D♭→E♭→A♭(Fm/A♭)Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅰという流れでAメロに向かいます。

Aメロ

Aメロです。コード進行にはセカンダリードミナントのC7(Ⅲ7)が使用されています。

また、最後の小節もFmに続くのではなく、少し含みを持たせてF7コードに変化しています。

Bメロ

Bメロは『Just The Two Of Us進行』です。

最近はこのコード進行が使用されている楽曲が多いですね。「夜に駆ける」「うっせぇわ」「春を告げる」などもこれが使用されています。


サビ前です。ここも最後はFmではなくF7コードになっています。少し明るめのサウンドの方が、サビにつながりやすいですよね。

サビ

サビは初っ端からD♭→E♭→Cm→Fm(Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm)の『王道進行』が使用されています。


ポップスやアニソンではサビで使用されることが圧倒的に多く非常にパワーのあるコード進行です。

さらに次はB♭m→C7→Fm→E♭m→A♭7(Ⅱm→Ⅲ7→Ⅵm→Ⅴm→Ⅰ7)という『Just The Two Of Us進行』に似たコード進行。この流れはYOASOBIの定番ですよね。

ラストサビ

ラストサビで転調していて、Key:A(#3)になっています。

半音上(+1)の転調ですね。これはもうYOASOBIの楽曲ではお決まりの転調となっています。


さらに、ラストサビには特徴的な部分があります。それがこの下行進行が連続している部分です。


ラストサビの本当にクライマックスの部分。このD#m7(♭5)→Dm7→C#m7→F#m(#Ⅳm7(♭5)→Ⅳm7→Ⅲm7→Ⅵm)というコード進行なのですが、なぜかわからないのですがよく見るんですよね。

個人的には「王道進行に似た感じなのかなー」という印象を持っています。王道進行の半音下行していくver.として認識しておくといいかもしれません。

楽曲の転調について

この楽曲で転調が使用されているのはラストサビです。半音上(+1)の転調でポップスではお決まりの転調手法になっています。

半音上(+1)の転調:ラストサビ

転調契機のコードはこんな感じです。C7(Ⅲ7)を利用して調性バランスを崩して転調につなげています。


他に使用されている楽曲はこの通り。YOAOSOBIの楽曲ではお決まりの転調手法になっています。

YOAOSBIの半音上転調

  1. ハルカ
  2. 怪物
  3. アンコール
  4. ハルジオン
  5. たぶん
  6. 群青…

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回もYOASOBIのサウンドを感じさせるキャッチ―な楽曲になっていたと思います。


参考になれば幸いです。


では!


音源、ストリーミング、CD




〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式(無料体験)

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA