アニソン

ようこそジャパリパークへ/オーイシマサヨシのコード進行・音楽理論の解説〜アニメ けものフレンズOP主題歌〜【アニソン研究】

アニソン研究の第2弾ということで、けものフレンズ主題歌『ようこそジャパリパークへ』についてです。(


では、いきましょう!

イントロのコード進行

楽曲はKey:F(♭1)です。冒頭からおいしいコード進行が満載です。

よくよく見てみるとツーファイブワン進行(Ⅱm→Ⅴ→Ⅰ進行)が繰り返されています。

ポップスではお決まりのセカンダリードミナントA7(Ⅲ7)から始まり、「Cm7→F7→B♭」「Gm7→C7→F」と目まぐるしくコードが展開していきます。

Aメロのコード進行

Aメロ部分はすこし特殊。楽曲のKeyがかなり曖昧になっています。

メロディにA♭が現れたり、同主調(Fマイナー)のコードである「E♭(F/E♭)」や「D♭7」が現れるので「Key:Fマイナー(
♭4)になったかな?」と思わされます。

※ちなみに、Fマイナーダイアトニックコードはこちら。この楽曲では、これらのコードが随所に使用されているので頭にいれておいてください。



一方、コード進行はFから始まるのでKey:Fとも感じられるのが面白いところ。まさに、調性が“すっちゃかめっちゃか”している状態です。

Key:Fと捉えると、メロディのA♭は「ブルーノート(Blue note)」という音使いになります。

この解釈としては、いろいろありますが、ジャズ理論では「メジャースケールにマイナースケールを合わせた」際に発生する音という解釈になっています。

要は、メジャーの世界にマイナー成分を混ぜた微妙な感じということですね。そんな雰囲気がこのAメロには感じられるのです。

Bメロのコード進行

続いてBメロいきましょう。

ここでもまた違う世界を見せてくれるのがオーイシマサヨシ。Bm7(♭5)という見慣れないコードが使用されています。

ディグリーでは#Ⅳm7(♭5)となり、よくわからないかもしれませんが、コード構成音を考えると割としっくりくるコードです。



なんとこのコードは、のルート音を半音下げるだけでB♭△7(Ⅳ△7)が出来あがるのです。したがって、コード構成音的にもB♭△7に似た要領で使用できるコードだというのがわかると思います。Ⅳから始まるコード進行と捉えれば納得できるのではないでしょうか。

そして次はサブドミナントマイナーのB♭m(Ⅳm)です。同主調コードでは代表格で、切ない雰囲気を醸し出せるといわれています。

後半のF#dimは、セカンダリードミナントであるD7の代理コードとして使用されています。ちょうど「D7コードのD音を省いたコード」が、F#dimということになります。


次はサビに向かうコード進行です。上行進行で高揚感が演出できますよね。サブドミナントマイナーB♭mを経由して、C7というドミナント(Ⅴ)でサビに繋がります。

サビのコード進行

「ワン、ツー、スリー」でサビです。


ポップスでは定番のカノン進行。ツーファイブワン進行が成立するように、コードが差しこまれています。

次はサビ後半。ここでもすこし変わった世界が感じられるのではないでしょうか。B♭m/D♭(♭Ⅳ/♭Ⅵ)は、これまた借用和音コードの転回形になります。


アウトロのコード進行

アウトロは印象的な部分ですね。思わず心が踊ってしまうようなそんな雰囲気があります。

コード進行は王道進行の変形型です。本来であれば「B♭→C7→Am7→Dm7(Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm)」なのですが、Dm7がA♭7(♭Ⅲ7)に変形しています。

これは、次の小節のGm7に繋がる裏コード(ドミナント代理)と考えるとわかりやすいです。つまり、コードの変形手順としては「Dm7」→「D7」→「A♭7」といった感じですね。

アウトロのコード変形手順

  • B♭→C7→Am7→Dm7
  • B♭→C7→Am7→D7
  • B♭→C7→Am7→A♭7

この辺のコード変形手法はポップスやジャズでは上等テクニックです。参考になるのではないでしょうか。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

この楽曲に関しては、星野源や平井堅さんなども絶賛しており、J-popアーティスト界隈でも非常に評価の高い楽曲です。

作曲者本人も「ポップスの王道をたくさん詰め込んだ楽曲」とおっしゃっていますよね。

まさに作曲やアレンジのテクニックがふんだんに盛り込まれている楽曲だと感じました。


参考になれば幸いです。


では!

音源、ストリーミング

〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式

動画

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA