スポンサーリンク

分数コードの解説。【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク


今回は、分数コードについて紹介したいと思います。
出てくると少し「あれっ。」って思う人もいるんじゃないでしょうか。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

①分数コードには2種類の表記がある。


まずこれを覚えましょう。
よく使用される表記は2つです。


①スラッシュを使用する。
 この場合は、スラッシュの後がベース音になります。
C/Eの場合は、Eの音がベース音です。

 例)  C/E、Bm7/Aなど…。


②○on○を使用する。
  これもありますね。
  C on Eの場合は、”Eの音の上にCコードが乗っかっている”ということです。
 なので、ベース音はEの音になります。 ( ふつうに英語の表記です…。 )

 例)C onE、Bm7/Aなど…。


②分数コードは大まかに3種類に分類される。


分数コードを大まかに分類すると、
3つの種類があると思います。


①転回系になるもの
 一番基本的な分数コードです。
 ”コード内の音をベース音にもっていく”パターンですね。
 クラシックなどでは非常に多用されます。
 
 例)C/G、Em/Bなど…。


②4和音になるもの
 これは”3和音+1和音”という意味合いで作られたパターンです。
 分数コードの使い方としてはあまり効果がありません。

 例)Em/C ≒ C▵7、 G/F ≒ G7など…。


③テンションコードになるもの
 これは重要です。テンションコードとしての機能する分数コードです。
 珍しい響きを持ったコードを作り出すことができます。
 
 例)D/C ≒ C▵7(9.#11,13)、Bm7/G ≒ G7(9)



③分数コードを使用する意図は何か。


なぜ、こんなややこしいコードを使用するのかについてです。
これは、大まかに2つの役割があると思います。


①コード進行をスムーズにする。
 コードというのは近い音に進行するほど、スムーズに感じられます。
 音の動きが激しいと音がとびとびになり、繋がっていないように感じます。 
 この場合は、前後のコード関係を考えて分数コードを使用します。
 
 例) 通常の進行:Em→D→G ( 2度下→4度上 )
   分数コードの進行:Em→D/F#→G (2度上→2度上)

 通常の進行ではベースラインが、2度下→4度上という流れになります。
 分数コードを使用した場合は、ベースラインが 2度上→2度上 となり、
 順番に上行していく進行になりますよね。コードのつながりをスムーズに感じさせることができます。


コードの響きを豊かにする。
 この場合は、テンションコードという意味合いが強いです。
 ベース音とそのダイアトニックコードを組み合わせるものがよく使用されます。 

  例) 分数コード: Am7/C
    テンションコード:C▵7(13) 
    
 上記の2つのコードは同じ意味です。 
 ”テンション”という考え方をしなくてもテンションコードを弾くことができます。
 単純にコードを構成する音が増えるので、響きが豊かになります。
 また、テンションコードという枠に縛られずに、自分独自の好みのコードを作ることが可能です。

まとめ



いかがでしたでしょうか。


分数コードは、なかなか奥が深いコードなんですよ。

ギターで弾こうとすると難しいんじゃないでしょうか。
(ピアノで弾くことを前提で作られているコードです…。)



ポイントは3つです。
①分数コードの表記には2種類ある。
②分数コードのはおおまかに3つに分類される。
③分数コードが使用されるのには意図がある。



参考になれば幸いです。


では!


タイトルとURLをコピーしました