スポンサーリンク

使用するコードの選択肢を広げる。【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク




今回は、作曲やアレンジに関係する話です。

作曲をしていると、

「あー、似たような曲ばっかりできちゃうなー。」

みたいなことありませんか。
今回はその対処方法について紹介したいと思います。


では、いきましょう!



スポンサーリンク

マイナー系ダイアトニックコードを使用する。

 



ほとんどの曲がメジャーキーを想定して作曲されますので、
メジャーダイアトニックを使用することになると思います。

ただ、これだけでは7つのコードしか選択肢がないことになります。

そこで、メジャーダイアトニックだけでなく、
マイナーダイアトニックを使用することを考えましょう。

これは、”借用和音”とも言われます。

「マイナーになっちゃうじゃねえか。」とも思うかもしれませんが、
曲の一部分だけに使用するんです。少しアクセントの効いたコード進行になります。


3つのマイナー系ダイアトニックコードから選択する。

 




マイナーダイアトニックコードには3種類あります。
なので、全部で4つのダイアトニックコードからコードを選択することが可能です。

・マイナー系ダイアトニックコード
 ①ナチュラルマイナー・ダイアトニック
 ②ハーモニックマイナー・ダイアトニック
 ③メロディックマイナー・ダイアトニック



※もちろん4和音を使用しても問題ないです。
 そこは曲との相性で考えてください。
 

4つのダイアトニックコードから、使用コードを選択する。



全部で4つのダイアトニックコードからコードを選択することができます。
メジャーキーにおいてよく使用されるコードを一覧にしました。
※他のダイアトニックコードと被るコードは省いています。


よく使用されるコードよく使用されるコード
(キー:Cメジャー)
導出したダイアトニックコード
Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(♭5)C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)メジャー・ダイアトニック
Ⅳm、♭Ⅵ、♭ⅦFm、A♭、B♭ナチュラルマイナー・ダイアトニック
♭Ⅲaug、ⅦdimE♭aug、Bdimハーモニックマイナー・ダイアトニック
♭ⅥdimAdimメロディックマイナー・ダイアトニック



これだけあると一気に選択肢が広がりますよね。
コードとコードの間にいれたり、半音ずつ上がっていったりしてみてください。「おっ。」となるコード進行が作れるかもしれません。

※マイナーキーのダイアトニックコードを多用すると、
曲のキーがマイナー系の方に寄ってしまうので注意です。
あくまでアクセント的に使用してください。


まとめ



いかがでしたでしょうか。
コードの選択肢が一気に広がったのではないでしょうか。


ポイントは3つです。
①メジャーキーの曲でもマイナー系のダイアトニックコードが使用できる
②マイナー系ダイアトニックには3種類あり、使い勝手の良いコードを選択する。
③マイナー系ダイアトニックを多用するのには注意が必要。



参考になれば幸いです。




では!


タイトルとURLをコピーしました