スポンサーリンク

コード進行の分類:強進行と弱進行【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク




今回は、強進行と弱進行について解説します。
聞きなれないかもしれませんね。

コード進行には、分類があるんです。
作曲などにも役立つと思いますので、参考にしてください。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

曲の大半は”強進行”でできている。



曲の大半は強進行で出来ています。”強い”とはどういうことか。

要は、”コード同士が強く結びついている。”という意味です。
(スムーズに進行するコード同士ということです。)



全部で4つありますので、それぞれ紹介します。


①4度下のコードに進行する。
 最も強い解決感がある進行です。
 ツー・ファイブ・ワン進行は。強進行のみでできています。

例)・Ⅴ→Ⅰ(G→C)
  ・Ⅱm→Ⅴ(Dm→G)
  


②3度下のコードに進行する
 これは、頻用されるわけではないのですが、結びつきの強い進行です。

例)Ⅵm→Ⅳ(Am→F)
  Ⅳ→Ⅱm(F→Dm)



③2度上のコードに進行する。
 ベースラインが上行していくような進行ですね。
曲の盛り上げに使用されます。(サビに向かっていくときなど。)

例)・Ⅰ→Ⅱm(C→Dm)
・Ⅳ→Ⅴ(F→G)


④5度上のコードに進行する。
 ①番の反対の進行です。これもよく使用されますよね。

例)・Ⅰ→Ⅴ(C→G)
  ・Ⅳ→Ⅰ(F→C)





強進行以外を”弱進行”という。



弱進行は、強進行とは逆にあまり使用されない進行です。
これを多用すると、抑揚のない(盛り上がりに欠ける)曲になります。
フォークソングとかに使用されますね。


全部で2つあります。



①2度下のコードに進行する。
 ベースラインが下降していく進行ですね。
上行していく進行に比べてあまり使用されません。
 Ⅴ→Ⅳなどは、ドミナント→サブドミナントなので、少し変ですよね。
 例)・Ⅱm→Ⅰ(Dm→C)
   ・Ⅴ→Ⅳ(G→F)



②3度上のコードに進行する
  Ⅰ→Ⅲmなどはトニック→トニックになるので、抑揚がありません。
  ずっと安定した響きなんですね。

例)・Ⅰ→Ⅲm
  ・Ⅲm→Ⅵm

カノン、王道、小室進行は強進行のみでできている。



では、ポップス等で多用される定番進行3つはどうなのか。
(定番コード進行:カノン進行、王道進行、小室進行)

実は、強進行のみでできています。


①カノン進行
 

2度上、5度上、4度下の進行のみで構成されています。


②王道進行
 

2度上、5度上、3度下の進行で構成されています。


③小室進行
 

2度上、3度下、4度下の進行で構成されています。


まとめ




いかがでしたでしょうか。

定番コード進行3つは、綺麗に強進行のみで出来ています。
作曲、アレンジで悩んだ時、こういったアプロ―とを使用してみるのも
いいのではないでしょうか。




参考になれば幸いです。


では!




タイトルとURLをコピーしました