スポンサーリンク

クリシェについて【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク




今回は、クリシェについて解説します。
簡単にいうと、”半音ずつ音が移動する”ということです。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

クリシェは、音が半音ずつ移動していくこと。




クリシェは、”半音ずつ音が移動していくこと”です。

たいそうな名前がついていますが、特に難しくないです。
理屈というより、パターンを覚えたほうが早い気がします。
そんなにパターンはありませんので。


クリシェにはおおまかに2種類あります。
ラインクリシェとベースラインクリシェです。
それについてよく使用されるパターンと一緒に紹介します。

ラインクリシェは、コード内の音が半音ずつ移動する。


ラインクリシェです。
コード内の構成音が半音ずつ変化するんですね。
よく使用されるパターンを紹介します。

①メジャー系のクリシェ
 これは良く使用されます。コード内の構成音が下がっていっていますね。

 



②マイナー系のクリシェ
 マイナーVer.です。メジャー系を変形させたものです。

 



③augを使用したクリシェ
 augはよくクリシェで使用されます。大体はこのパターンでしょう。

 



※ほとんどの場合、このパターンが使用されますが、構成音を工夫することで様々なパターンを作り出すことができると思います。


ベースクリシェは、ベースラインが半音ずつ移動する。



ベースクリシェは、”ベースライン”が半音ずつ下行していきます。
本質的にはラインクリシェと変わりません。
ベース音だけ半音ずつ移動させていけば、自分オリジナルの進行が量産できると思います。

よく使用されるパターンを紹介しておきます。




①メジャー系のベースクリシェ
 分数コードを使用して、ベースラインを半音下行していきます。

 



②マイナー系のベースクリシェ
 マイナーVer.です。メジャー系の変形です。

 



③少し高度なパターン(一部の例)
 augやdimコードを駆使して、コード進行を作ることも可能です。

 



※ベースラインクリシェでは半音ずつ下行するパターンがほとんどです。
 半音ずつ上行していくパターンはあまり見かけません。

まとめ




いかがでしたしょうか。

ポップス等ではよく見られる手法です。
逆にジャズなどではあまり使用されません。
(単純に、クリシェのコード上でアドリブがしにくいからだと思います…)


ポイントは3つ。
①クリシェは、半音ずつ音が移動していくこと。
②ラインクリシェは、”構成音”が半音ずつ移動。
③ベースクリシェは、”ベースライン”が半音ずつ移動。



参考になれば幸いです。


では!


タイトルとURLをコピーしました