スポンサーリンク

ディミニッシュ(dim)とオーギュメント(aug)の秘密【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク



今回もdimとaugについてです。
これらのコードは主に3和音で使用されます。

ただ、これらのコードは4和音に変化することがあるんですね。
それについて紹介します。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

dimとaugを4和音にするとどうなるか。




dimとaugは3和音です。まだ、4和音になる余地があるんですね。
では、これらのコードが4和音になると、どのようなコードになるのか。

3和音4和音導出先のダイアトニックコード
〇dim〇dim3度下の音を追加して4和音にする
〇dim7・ハーモニックマイナーダイアトニック
〇m7(♭5)・ナチュラルマイナーダイアトニック
・ハーモニックマイナーダイアトニック
・メロディックマイナーダイアトニック
〇aug〇maj7(#5)・ハーモニックマイナーダイアトニック
・メロディックマイナーダイアトニック


※dimは、3和音と4和音でも同じ表記です。
 コードの響き的にはどっちを使用してもいいのですが、注意してください。


○dimと○m7(♭5)の区別の仕方。




正直、〇dimと〇m7(♭5)は、聴いただけでは判別が難しいです。
そういったときは、前後のコード関係から判別します。


・○dimコードの場合は、経過音として使用される。
 〇dimは前後のコードを半音でつなぐ経過音として使用されることがほとんどです

 例)G→#Gdim→Am
  (Ⅴ→#Ⅴdim→Ⅵm)


○m7(♭5)の場合はツー・ファイブ・ワン進行で使用される。
 〇m7は、マイナーキーの ツー・ファイブ・ワン進行 のツーの部分で使用されるのがほとんどです。次のコードが5度下の○7であれば、ほぼ○m7(♭5)です。

 例)Dm7(♭5)→G7→Cm
  (Ⅱm7(♭5)→Ⅴ7→Ⅰm)


※ちなみにメジャーキーでのツーファイブワン進行は以下です。
  ○m7(♭5) が使用されることはほとんどありません。

 例)Dm7→G7→C
  (Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ)


○augと○maj7(#5)の区別の仕方。




〇augと〇maj7(#5)はの使用方法は限られています。
ひとまず、augだけ覚えておけば問題ないです。


○augは、クリシェでよく使用される。
 ”クリシェ”という構成音が半音ずつ移動していくコード進行があります。
 その際によく使用されるコードです。

 例)C→Caug→C6→C7
  (構成音の動き:G→G#→A→A#) 


○maj7(#5)は、楽曲ではほとんど使用されない。
 ジャズでごくたまーに見かける程度です。
 なので、だいたいは○augです。


まとめ



いかがでしたでしょうか。
少しマニアックな話題でした。


これらのコードは3和音なので、4和音になる余地がまだあるんですね。
特に、”dimが4和音になると○m7(♭5)である”ということは案外知らなかったのではないでしょうか。


参考になれば幸いです。



では!


タイトルとURLをコピーしました