スポンサーリンク

オルタードスケールを使いこなす【音楽理論】

スケール(音階)理論
スポンサーリンク



今回は、オルタードスケールについてです。
ジャズに興味がある方には超重要事項となっています。


では、いきましょう!

スポンサーリンク

オルタードスケールの構成

 



オルタードスケールはこの並びです。
スケールの構成としては、ドミナントセブンス(○7)の”テンション”をすべて含んだスケールと考えるんですね。
なので、本来であれば♭2nd・#2nd・#4th・♭6thと表記するところを♭9th・#9th・#11th・♭13thと表記しています。

オルタードスケールの使い方



このスケールは原則として、5度下に解決するドミナントコード(○7)の時にのみ使用できます。
要は、ドミナントモーション進行でのみ使用できます。


例)使用できる進行パターン
  Dm7→G7→C(Ⅱm→Ⅴ7→Ⅰ):Gオルタードスケールを使用できる。


例)使用できない進行パターン
  F▵7→G7→Em(Ⅳ▵→Ⅴ7→Ⅲm):Gオルタードスケールを使用できない。


※あくまで原則です。オルタードスケールは解決感を生むスケールなので、
 敢えてドミナントモーションしないコード進行の時に使用して、
 聴いている人を”騙す”という意味合いで使用するのは全然ありです。

オルタードスケールの覚え方。

 

 オルタードスケールは少しややこしいんですね。以下に2つの覚え方を紹介しておきます。
 リディアンスケールに慣れている人は断然②の覚え方がいいです。

①○7のコードトーン+♭9th・#9th・#11th・♭13。
 コードトーン+テンションという考え方ですね。
 正確には5thの音が含まれていませんが、5thを弾いても問題ないです。
 

②裏コードのリディアンセブンス(7th)スケール。
 リディアン7thスケールは、リディアンスケールの7thを♭したスケールです。
 裏コードのリディアン7thスケールとオルタードスケールは共通しています。
 (♭Ⅱのリディアン7thスケール=Ⅴのオルタードスケール)

 例)Gオルタードスケール:G・A♭・A#・B・D♭・E♭・F
   D♭リディアン7thスケール:D♭・E♭・F・G・A♭・B♭・B

※オルタードスケールで一番重要な音は♭9thの音です。
♭9thを意識して弾くことによって”オルタード感”が演出できます。


まとめ



いかがでしたでしょうか。

オルタードスケールを使用すると、一気にジャズの響きになります。
慣れるといろいろ使い勝手の良いスケールなのでぜひ覚えて使用してください。


参考になれば幸いです。


では!



タイトルとURLをコピーしました