スポンサーリンク

ダイアトニックコード上のⅦm7(♭5)について【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク

今回は、ダイアトニックコード上のⅦm7♭5という影の薄いコードについてです。♭5が含まれているので少し風変わりな感じがするからだと思います。

しかし、実はいろいろな使い方があるので紹介したいと思います。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

Ⅶm7(♭5)の構成音について



Cメジャーダイアトニックコードで説明したいと思います。
この場合は、Bm7(♭5)です。Bハーフディミニッシュ(=BΦ)とも表記されます。
 

Bm7(♭5)の構成音は以下のようになります。
構成音のF音が減5度であり、この音がコード表記にも反映されています(♭5の部分)。

構成音からDm/Bとも考えられるのでそちらのほうが覚えやすいかもしれません。
つまり、Ⅱm/Ⅶと同じです。

Bm7(♭5):B・D・F・A
Dm/B:B・D・F・A(分数コード)


ダイアトニックコード上では特殊なコードであまり使用する機会はないと思います。ただ、代理コードとしてよく使用されるので次の項で紹介したいと思います。

Ⅶm7(♭5)の使い方



影の薄いⅦm7(♭5)ですが、その構成音から2つの使用方法が考えられます。


①ドミナントセブンス(○7)の代理コード
 Ⅶm7(♭5)とドミナントセブンスには、トライトーン(三全音)という2音が含まれているので、代理コードとして使用できます。

例)G7:G・B・D・F
  Bm7(♭5):B・D・F・A

※太字の音(F音とB音)がトライトーンと呼ばれる音です。



②ディミニッシュ(dim)の代理コード
  Ⅶm7(♭5)は、ハーフディミニッシュコードとも呼ばれます。
これはディミニッシュ(dim)と構成音が似ているからです。 

例)Bdim:B・D・F・A♭
  Bm7(♭5): B・D・F・A

 

③マイナー系のツー・ファイブ・ワン進行
 Ⅶm7(♭5)は、マイナー系のツー・ファイブ・ワン進行として使用されます。
平行調のⅡm7(♭5)と同じだからです。メジャーからマイナーへの転調の契機コードとしても使用されます。

例)キー:Cメジャーの場合
  Bm7(♭5)→E7→Am(Ⅶm7→Ⅲ7→Ⅵm)

  平行調キー:Aマイナーの場合
  Bm7(♭5)→E7→Am(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰm)

※メジャーキーのコードを使用して、スムーズにマイナーキーの主和音(Ⅰm)へと繋げることができます。
   転調の際によく使用される手法です。

 

まとめ



いかがでしたでしょうか。


Ⅶm7(♭5)という影の薄いコードですが、案外、色々な場面で使用できるのです。
分数コード(Ⅱm/Ⅶ)として登場することもよくあるコードなので、隠れて使用されていることが多いです。



参考になれば幸いです。



では!



タイトルとURLをコピーしました