スポンサーリンク

○sus4コードについて【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク



今回は、○sus4についての解説です。
このコードは独特の浮遊感があるんですね。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

①○sus4は、コードの3rdの音を4thにする。



○sus4というのは、

”コードの3rdの音を4thにする”という意味です。

以下に例をあげます。
CメジャートライアドのE音→F音にする。ということです。

例)Cコード:C・E・G
  Csus4コード:C・F・G

 



G7のような他のコードについても同じです。
コードの3rdの音を4thにします。

例)G7コード:G・B・D・F
  G7sus4コード: G・C・D・F

 

 

②構成音の”4度重ね”が、○sus4の浮遊感を生む。



○sus4というのは独特の浮遊感があるんですね。
これには、音の構成音に秘密があります。

構成音が、”4度重ね”になっているんです。
この”4度重ね”というのは、物凄い浮遊感を生む響きです。


例) Csus4コード:C・F・G
   この構成音を並び変えるとG→C→F。
   4度重ねになります。

例) C7sus4コード:C・F・G・B♭
   この 並び変えるとG→C→F→B♭。
   4度重ねになります。


※ ちなみにジャズでは、4度重ねはモード手法によく使用されます。
 モード手法というのはものすごい浮遊感のある音楽です。
 「マイルス・デイヴィス」という人が、広めた音楽です。
 参考までに。


③○sus4の使い方。



使い方のパターンはそれほど多くありません。
○sus4の次のコードにsus4ではない元のコードを持ってくるという使い方です。
これには、ⅠとⅤ(Ⅴ7)をsus4にするというパターンがほとんどです。

○sus4というのは、終止感がない(浮遊感のある)コードなので、
終止感が得られるコードを次のコードに持ってきます。


①Ⅰをsus4にするパターン。
 解決感のあるコードの前に○sus4を持ってきます。
 ドミナントの後の解決感を遅らせる効果があります。

 例)F→G→Csus4→C



② Ⅴ(Ⅴ7)をsus4にするパターン。
 これはサビ前でよく使用されるパターンです。
 ドミナントコードの前に○sus4を持ってきます。

例)F→Gsus4→G →サビ
F→G7sus4→G7→サビ

まとめ



いかがでしたでしょうか。


○sus4コードはとても浮遊感のあるコードです。
曲中で頻繁に使用すると、曲が爽やかになる一方で、
メリハリのつかない、ふんわりした感じになることもあります。
(モード手法では、これを意図的に行っている。)

特別な理由がない限りは、
あくまで”アクセント的”に使用してくださいね。



参考になれば幸いです。



では!


タイトルとURLをコピーしました