スポンサーリンク

テンションコードの解説。【音楽理論】

コード(和音)理論
スポンサーリンク

今回は、テンションコードについてです。

どういった方法でコードにテンションを付加すれば良いのか。ということについて解説していきたいと思います。

では、いきましょう!

スポンサーリンク

①9th・11th・13thがテンション。



テンションというのは、9th、11th、13thのことを言います。
あるスケールから構成されるダイアトニックコードを想定します。
この時、コード構成音以外の音はすべてテンションになり得ます。

C▵7のコードトーン:C・E・G・B
スケールの残りの音:D・F・A (テンションになり得る音)
 
 

②アボイドノートを避ける。



しかし、注意することがあります。
テンションを付加する際には、”アボイドノート”を避けなければいけません。


半音隣の音はアボイドノートであるという説明がよくされるのですが、それは間違いです。
正確には、コードトーンの”半音上の音”がアボイドノートです。

 



※注意!
 ドミナントセブンス(○7)は例外です
 たとえコードトーンの半音上でもアボイドノートになりません。

③アボイドノートを半音上げる。



アボイドノートを半音上げることで、コードトーンの半音上の音になるのを避けます。
この場合は、Fの音を半音上げて、F#の音がテンションになります。


 

④使用できるテンションの一覧。


上記で説明したようにテンションコードを作っていくと、
以下の使用席るテンションコードの一覧ができます。

コード9thのテンション11thのテンション13thのテンション
メジャーセブンス
(○▵7)
9th#11th13th
マイナーセブンス
(○m7)
9th11th13th
マイナーセブンス♭5
(○m7(♭5))
9th11th♭13th
ドミナントセブンス
(○7)
♭9th、9th、#9th11th、#11th♭13th、13th



ここで重要なのは、9thが使い勝手が良いということです。
全てのコードに使用できるからです。

「とりあえず9thでいいや。」

というノリで使用することができます。

まとめ



いかがでしょうか。

これでコードにテンションを付加して、おしゃれなコードを作るようになったと思います。
アボイドノートを避けるということがポイントですね。
ジャズではよく使用するので、ぜひ覚えて使ってみてください。

「よくわかんね。」

っていう人は、とりあえず9thを足しておけば問題ないです。




参考になれば幸いです。


では!

タイトルとURLをコピーしました