MENU
ポップス・ロック

カメレオン/King Gnuのコード進行・音楽理論の解説〜冒頭の跳躍が印象的な美し過ぎるバラード楽曲~【楽曲分析】

今回は、King Gnuのカメレオンという楽曲です。ドラマ「ミステリと言う勿れ」の主題歌にもなっています。

イントロ(冒頭)

近年の楽曲には珍しく、Key:C(Am)で調号は何もなしです。

冒頭からサビで始まっていますね。開始早々オクターブ近い跳躍が繰り出されており、ここがかなり印象的なフレーズになっています。

冒頭から「長7度(M7)」の跳躍でかなり広い音域が使用されており、Vo.の音域の広さを活かしたフレーズはKing Gnuではよく見られると思います。例えば、代表曲である「白日」の冒頭部分。

こちらは「短7度」の跳躍になっており、冒頭からグッと印象づけられると思います。

他にも、「三文小説」「The Hole」なども印象的だなーと思います。これこそが、King Gnuの楽曲特徴のひとつなのではないかと思います。


コード進行は、それほど難しくはないですが、分数コードやセカンダリードミナントを取り入れてかなり美しい流れになっており、メロディラインに寄り添った進行になっていると思います。

2小節目は、Gではなく、Dm/Gを意図的に使用していると考えられ、これは、ドミナント特有の”力強さ”みたいなものを、緩和していると考えられます。言葉では言いづらいんですが、意図的にぼやかしているというイメージです。

さらに、2回目は若干コード進行が変わっており、2小節目の下行進行がより際立っている構成となっています。この辺の細かな部分も素晴らしいと思います。

間奏

間奏で転調しており、Key:F(Dm)となっています。

コード進行は、後半部分にセカンダリードミナントが使用されているので若干ややこしいですが、これを利用してAメロの転調に繋げているといった感じ。

Aメロ

Aメロで転調しており、Key:C(Am)に戻ります。

最初の小節のコードはDm。Key:CとKey:Fのダイアトニックコードで共通しているコードなので、比較的スムーズに転調につなげられる(ピボットコード)と考えられます。

サビ

サビは、基本的には冒頭と同じ構成になっています。落ちサビという感じですね。

ラストサビ

ラストサビで転調しており、Key:F(♭1)となっています。完全4度(+5)の転調ですね。

これは、属調と呼ばれる調関係ですが、ラストサビ転調手法としては珍しいと思います。

コード進行はについては、基本的には変わりませんが、演奏がかなり盛り上がってくるので、非常にドラマチックな印象を受けます。特に、ベースのフレーズが印象的でした。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は、King Gnuのカメレオンについてやってきました。

最近は、King Gnuが多いので、他のアーティストの楽曲もやりたいと思います!


参考になれば幸いです。


では!


音源、ストリーミング、CD


〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式(無料体験)

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA