スポンサーリンク

ギターでおすすめのディレイ(Delay)コンパクトエフェクター10種類を比較してまとめてみた。

エフェクター・機材関連
スポンサーリンク


今回はギターでおすすめのディレイ(Delay)エフェクターをまとめてみました。とりあえず掛けっぱなしにしている人もけっこう多いかと思います。特にギターソロの時だと必須ですよね。

特殊なフレーズ作りやダブリング効果による音圧稼ぎなど何かと便利なエフェクターです。参考にしてみてください。

では、いきましょう!


スポンサーリンク

Line6 / DL4

Line 6 ( ライン6 )  / DL4


定番度:★★★★☆
音質のクリア: ★★★☆☆
多機能性: ★★★★☆
コスパ: ★★★☆☆



王道中の王道。Line6の「DL4」です。長い間、さまざまなギタリストのエフェクターボードに君臨し続けています。3つのユーザープリセットが保存・切り替えできるのでバッキング、ギターソロで使用するディレイ設定を別々にセッティングすることができます。ライブでも安心ですね。


調節ノブ、ディレイ種類も豊富にあるのでかなり色々出来てくれて助かります。音質に関しては”定番ペダル”ということもあって言わずもがなです。これだけ多機能な割に、価格帯も¥15,000~20,000に抑えられているのも良い点です。ただ、筐体が大きいのでエフェクターボードを圧迫してしまうのが難点。




 

BOSS / DD-8 Degital Delay

BOSS ( ボス )  / DD-8 Digital Delay



定番度:★★★★☆
音質のクリア: ★★★★☆
多機能性: ★★★☆☆
コスパ: ★★★☆☆



コンパクトエフェクターの定番メーカーBOSSのデジタルディレイです。これはDD-7を引き継いだ機種で昔から愛用されています。もはや名機といった感じですね。BOSSは特に空間系エフェクターが優秀。クリアな音質で、「これこれ…!」と頷いてしまうような雰囲気がでます。4つのつまみですが、多種ディレイモードが搭載されており、セッティング次第で色んなことができます。


フットスイッチが1つですが、外部ルーパー端子が2つ、エクスプレッション端子が1つ搭載されており、外部機器と接続するとフィードバック、ディレイ・タイムを足元でリアルタイムに調節することができます。コンパクトエフェクターでその手の調節ができるのはなかなかありません。(外部ペダルが別途に必要ですが…)外部機器との接続が重質しており、使い方次第でかなり色々なことができるペダルです。




 

TC ELECTRONIC / Flashback 2 Delay

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Flashback 2 Delay ディレイ・ペダル

定番度:★★★☆☆
音質のクリア: ★★★★☆
多機能性: ★★★☆☆
コスパ: ★★★★☆



青い筐体が特徴的なディレイペダルです。TC ELECTRONICのディレイと言うと、透き通った近代的なクリアな音質というイメージです。実際に、高音域がかなりきれいに出てくれるので、符点8部フレーズ等のディレイ音を核としたギターフレーズを多用する方におすすめです。


ラック型のデジタルディレイの名機「TC2290」のモデリングがされているということで飛びついたギタリストも多いのではないかと思います。他にもTAPE、PING PONG、LOOP、MODといった様々なディレイが使用できます。高品質&多機能で価格も抑えられているのが良いですね。フットスイッチが1つしかないので、フレーズのここぞ!というときに使用する感じですかね。




 

MXR / M169 Carbon Copy Analog Delay

MXR ( エムエックスアール )  / M169 Carbon Copy Analog Delay アナログディレイ

定番度:★★★★☆
音質のクリア: ★★☆☆☆
多機能性: ★★☆☆☆
コスパ: ★★★★☆



老舗メーカーMXRの「M169 Carbon Copy Analog Delay」です。黒い筐体がシックでカッコいいですね。アナログ回路ということでデジタルとは違った暖かみのある音質です。アナログ回路のディレイって手軽に購入できるものが少ないので、そういう意味では唯一無二のポジションをとっています。


ディレイ音がいい感じに減衰してくれるのでギターフレーズの邪魔にならないです。音に広がりを出すために”ひとまずかけっぱなし”で使用している方も多いかと思います。フットスイッチが1つなのでギターソロで踏む or かけっぱなしみたいな使い方がメインだと思います。




 

MAD PROFESSOR / Deep Blue Delay

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Deep Blue Delay

定番度:★★★☆☆
音質のクリア: ★★★★☆
多機能性: ★★★☆☆
コスパ: ★★★☆☆



他にも多くのエフェクターペダルを販売しているMAD PROFESSORですが、中でもこの「Deep Blue Delay」は人気のペダルです。


3つのノブで他に余計なものがついていないのいうのが良いところかもしれません。なんか良くわからないけど、とりあえずかけておくみたいな人にオススメです。かけるだけでもプロっぽく広がりの出るよう優等生。シンプルかつ高品質なディレイペダルが欲しいという方にオススメです。




BOSS / DD-500

BOSS ( ボス )  / DD-500

定番度:★★☆☆☆
音質のクリア: ★★★★☆
多機能性: ★★★★☆
コスパ: ★★★☆☆


BOSSからもうひとつ。これはわりと最近、販売された多機能ディレイペダルですね。かつての人気機器「DD-20」を踏襲したペダルです。BOSSのディレイペダルでは過去最高スペックを誇ります。


大型ディスプレイが搭載されているのが、高い操作性を実現している理由です。本当にセッティングが見やすい…。最大8種類のプリセットを保存・切り替えできるのも助かりますよね。音質は良くも悪くもBOSSの音。この辺は好みの問題だと思います。後に紹介する多機能ディレイと比較して価格が抑えられているのも良い点です。




STRYMON / Time Line

STRYMON ( ストライモン )  / Time Line

定番度:★★★☆☆
音質のクリア: ★★★★☆
多機能性: ★★★★★
コスパ: ★★☆☆☆



STRYMONのディレイペダルです。高品質なディレイということで、一時期、凄く話題になりました。今でもなおよく見かける機器です。見た目が非常に洗練されていて美しいですよね。これも人気の理由の1つだと思います。


見てもらえばわかる通り、多種のディレイモードが搭載されています。また3つのフットスイッチが搭載されているのでライブでの切り替えやタップ機能もバッチリです。他の多機能ディレイ(DD-500やTimeFactor)と比較すると、音が太く、ディレイをかけても存在感のある感じと言われます。高品質なだけに少し値段が高いのが難点。


STRYMON ( ストライモン ) / Time Line


 

EVENTIDE / TimeFactor

EVENTIDE ( イーブンタイド )  / TimeFactor

定番度:★★★☆☆
音質のクリア: ★★★★★
多機能性: ★★★★★
コスパ: ★★☆☆☆



EVENTIDEの多機能ディレイです。多くのマルチエフェクターでシミュレートされているもはや名機に近い存在になりました。珍しい仕様になっており、2系統のディレイ(AとB)を独立に設定して組み合わせるようなディレイです。なので、基本的には常に2種類のディレイがかかっていることになります。(片方のディレイ音を0にしてしまえば1つにもできる)


スタジオミュージシャン等のエフェクターボードに収納されているイメージですかね。昨日も豊富で完璧にプロ仕様です。ひとまずディレイシステムはこれさえあれば完結するのではないでしょうか。(逆につまみが多いので使いこなすのに慣れが必要かも…)音質ですがBOSSの「DD-500」と比較すると、よりクリアで広がりがある感じです。幻想的な雰囲気を目指すのであればおすすめです。これに関しても値段が少し高価なのが難点。




 

ZOOM / MS-70CDR

ZOOM ( ズーム )  / MS-70CDR マルチエフェクター

定番度:★★☆☆☆
音質のクリア: ★★★☆☆
多機能性: ★★★★☆
コスパ: ★★★★★



かなり使い勝手がよく地味に人気の「MS-70CDR」。空間系エフェクターに特化したマルチエフェクターという感じです。コンパクトでありながら、かなり色々なことがこれ1台でできる優れものです。案外、プロの方もよく使用していますよね。


この価格帯でこれだけの機能のものを販売してきたZOOMにあっぱれです。気になる音質ですがZOOMは空間系に関しては昔から評判が良いので問題ないです。(歪み系はデジタル臭いとかよく言われてるけど…)空間系だけでなく、ノイズゲートやEQが搭載されているのもうれしいところ。個人的にはかなりオススメのペダルです。




 

Effects Bakery / French Bread Delay

Effects Bakery ( エフェクツベーカリー )  / French Bread Delay ギターエフェクター ディレイ

定番度:★★☆☆☆
音質のクリア:★★★☆☆
多機能性:★★☆☆☆
コスパ:★★★★★



とにかく安い、コンパクト、シンプル!を追求したディレイペダルです。この価格帯ということで音質が少し不安だと思いますが、悪い評判は聴きません。使用頻度も低いのでこれで十分。という方も全然います。


ディレイってどんなんなの?という初心者の方や単発的に使用する方におすすめです。エフェクターボードのスペースも節約できます。この価格帯でもう1つ有名な「MOOR」というメーカーのディレイペダルもあるのでそちらも下に記載しておきます。





 

まとめ



いかがでしたでしょうか。


何かとあれば便利なディレイペダル。モダンな澄んだトーンが重宝される今の音楽では、むしろ使用するのが当たり前という感じになっているかもしれません。機能性、品質によって価格帯もかなり異なってくるので、自分の使用用途に合ったペダルを選んでくださいね。


参考になれば幸いです。



では!




タイトルとURLをコピーしました