アニソン

逆夢 / King Gnuのコード進行・音楽理論の解説〜転調満載のバラード楽曲!?〜映画『呪術廻戦』EDテーマ主題歌~

今回は、アニメ映画「呪術廻戦」のEDテーマ曲である「逆夢」についてみていきたいと思います。

転調回数は全部で7回。 転調を駆使したバラード楽曲となっています。

サビ(冒頭)

前奏からサビ(冒頭)につながります。この部分はKey:D(#1)からKey:B♭(♭1)に転調しています。



コード進行は、ダイアトニックコードを5度進行していく美しい進行。さらに、後半部分は、『B♭maj7→G7/B→C→A7/C#』という具合にセカンダリードミナントを活用して半音ずつ上行する形になっています。

このようなパターンは結構聴いたことがあるようなサウンド感だと思います。非常に美しく定番パターンといってしまってもいいかもしれません。


メロディを見てみると、上下の落差が激しいです。例えば、「この胸を射通して…」という箇所では、オクターブ跳躍のさらに上。「9度の間隔」となっています。



この辺を平気でやってくるあたり vo.井口さんはさすがですね。

Aメロ

Aメロは、イントロを引き継いでKey:F#(#6)で転調しています。


コード進行は、セカンダリードミナント(Ⅲ7)を利用した進行。Fdimの部分は経過音的に使用されています。( 同じコード構成音なのでDdimでもいいかもしれません…)


さらに、ここではBm7(Ⅳm7)というサブドミナントマイナーが光るコード進行となっています。これは、同主調であるKey:F#m(#3)のダイアトニックコードを借用する(借用和音)というもの。



どことなく切ない雰囲気を感じさせると言われており、バラードにぴったりのサウンド感になっています。

Bメロ

Bメロでまたしても転調。Key:A(#3)へと移り変わります。


この部分もセカンダリードミナントであるⅢ7(C#7)を使用したコード進行。

さらに、最後のF→G(♭Ⅵ→♭Ⅶ)というコード進行は同主調であるKey:Amのダイアトニックコードを借用したコード(借用和音)となっています。


サビ

サビでまたしても転調。Key:F#(#6)へと戻ります。冒頭のサビと比較すると半音上(+1)の転調となっています。コード進行は冒頭と同じなので省きます。

Cメロ

ギターソロの裏で鳴っているコーラス部分。


コード進行はサビと同じになっています。バラードのなかにゴリゴリのロックサウンドが盛り込まれていて非常に聴きどころのある部分だと思います。

転調について

この楽曲は転調満載。前奏や2題目も合わせると全部で7回の転調が繰り出されています。全体像を見るとこんな感じ。バラードながらもサウンド展開が激しい楽曲になっています。

短3度(±3)の転調

この楽曲でよく使用されるのが短3度(±3)の転調。これ、平行調(Relative Key)を規定したときに同主調(Parallel key)の関係になると考えることができます。


例えば、前奏からサビ(冒頭)の部分は、Key:D(#2)→Key:F(♭1)≒Key:Dm(♭1)で同主調の関係になっています。


さらに、Bメロからサビ部分は、Key:A(#3)≒Key:F#m(#3) → Key:F#(#6) ということになります。



これはこの楽曲に限らず、様々な楽曲で使用されるPOPS定番の転調手法になっています。

半音上(+1)の転調

ラストサビは半音上(+1)の転調です。これはもうお決まりですよね。ラストサビに繋がる部分はvo.井口さんのハイトーンからギターソロに繋がり、非常にドラマチックな展開になっています。


半音上の転調については、同じく映画「呪術回戦」テーマ曲である『一途』や代表曲の『白日』、『Teenager Forever』などが挙げられます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。


King Gnuの楽曲はいつも一味違いますね。バラード楽曲なのですが、ギターソロなどのロックサウンドが盛り込まれていたりと、非常に多彩なサウンドが感じられると思います。


参考になれば幸いです。


では!


音源、ストリーミング、CD


〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式(無料体験)

動画でも解説していますので是非!

ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA