コード進行・楽曲分析

雨とカプチーノ / ヨルシカ のコード進行・音楽理論の解説!〜珍しい転調とサビの和音使い〜【楽曲分析】

今回はリクエストの多かったヨルシカの「雨とカプチーノ」について紹介していきます。個人的にも非常に好きな楽曲です。

この曲、なかなか珍しい転調と変わった和音使いがされています。その辺も解説していけたらなと思っています。

では、いきましょう。

イントロのコード進行

まずはイントロから見ていきましょう。楽曲のキーは、Bメジャー(♯5)となっています。

3連符よりのリズムになっているがアクセント。コード自体はそれほど難しくないです。

ピアノではあまり感じが出ませんが、ギターのチョーキング奏法でクォーター気味(半音の半分の音程:1/4)なのが心地よいです。

コード進行はダイアトニックコードの「Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅰ」という進行になっています。

ヨルシカの楽曲ではこういった順次上行(ダイアトニックコードを上行していくような進行)が多い気がします。例えば、「春泥棒」「だから僕は音楽をやめた」などがいい例ですかね。


イントロの続きの部分です。


この部分は少しコードに”濁り”が感じられます。その要因は、このD#/Gという分数コードですね。



このコードは少し変わり者で、楽曲のキーである「Bメジャーダイアトニックコードには”ない”コード」になります。

その理由もあって響きとしては少し変わった感じがするかもしれませんね。(ちなみにGdimというコードでも似たような響きになります。)

Aメロのコード進行

Aメロのコード進行はイントロとほぼ同じです。


「Ⅳ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅰ」というコード進行が繰り返されて、そのあとD#/Gが使用されるという流れです。

サビのコード進行

サビについてみていきましょう。サビで転調してキー:F♯メジャー(♯6)に変わっています。(転調については後述)

サビのコード進行は「Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅲ」という進行。前半部分は小室進行「Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」に似ています。

マイナーコードから始まるので、少し切ない雰囲気が感じられるのではないでしょうか。

不穏な響き?ちょっと変わったコード進行

サビの中間部分は非常に変わったコード進行になっています。

① dimコードの連続

まず、dimコードが連続している点。このdimコードというのはちょっと変わり者コードで「マイナーコードの5thの音を半音下げたコード」になります。



コードに安定感を与える5thの音が変わっているのですから、不穏な響きがする感じ。これが”連続で使用されている”というのがなかなか珍しいです。

② コード構成音とメロディ音がぶつかる

あとはコード構成音とメロディ音とぶつかっているような感覚がする点です。見てみると、dimコード構成音がメロディと半音隣ですよね。半音隣の音同士は不穏な響きを感じさせやすい音なのです。


これが”キメ”の部分で使用されているので、聴きようによっては、気持ち悪く感じるかもしれませんね。(個人的にはこれが心地よかったりもするのですが…

もちろん意図的なのでしょうが、この2つの点からかなり変わったコード使いとなっています。


※後述:作曲者のn-bunaさんがこの部分について触れられていました。dimコードを使用してメロディ音にぶつけにいったそうですね。参考に動画を貼っておきます。

楽曲の転調について

この楽曲では、なかなか珍しい「完全5度上」の転調が使用されています。キー:Bメジャー(♯5)からキー:F#メジャー(♯6)です。

転調はBメロからサビの部分。サビ直前のA#(Ⅶ)というコードが転調先のF#メジャーのⅢになっています。

そして、これがサビの(D#m)Ⅵmにつながるという形になっていて、ドミナントモーションを活用した転調になっています。


ちなみに、「完全5度上」の転調は、田中秀和さん(MONACA)作曲の「花ハ踊レヤいろはにほ / ハナヤマタOP」でも使用されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なかなか変わった曲なのでとりあげてみました。大々的に流行ったわけではありませんが、なんか「聴いていて癖になる楽曲だなー」と思います。

ここで紹介した珍しい転調や、コード使いが原因かもしれませんね。その辺を意識して聴いてみると、またこな楽曲の良さに気けると思います。


参考になれば幸いです。


では!

動画背も解説していますので是非


音源、ストリーミング、CD


〇Amazon Music Unlimitedで聴き放題です。
⇒ Amazon Music Unlimited アマゾン公式

動画




ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!