スポンサーリンク

Fender(フェンダー)の新機種コンパクトエフェクター6種類が登場。【機材関連】

エフェクター・機材関連
スポンサーリンク


今回は、あの有名ギターメーカーのFender(フェンダー)から発売されたコンパクトエフェクターを紹介します。

Fenderは、2018年から本格的にエフェクターペダルを開発販売することを発表しています。そのシリーズ第2弾となるコンパクトエフェクターが6種類がついに販売されました。初のアコースティック用エフクターを含んでいるので気になりますね。

デザインも、前回のシリーズ第1弾の風合いを踏襲していて、シックでかっこいい仕上がりになっています。



では、いきましょう!


スポンサーリンク

Smolder Acoustic Overdrive



アコースティック用エフェクターです。フェンダー史上初のアコースティック用エフェクターペダルということで注目の製品です。

Driveつまみを調節することによってかなり幅広く歪み具合を調節できます。歪むと言ってもかなりしっかり歪みます。もうほぼディストーションです。

PICKUP COMPつまみではアタック感を和らげることができます。やっぱり、アコースティックギターについているピエゾピックアップだとアタック感が強いですからね。この辺の配慮はさすがだと思います。3つのEQバンドも搭載していますので、自由に音色を変化させることが可能です。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。


Compugilist Compressor / Distortion


ここからはエレキギター用のエフェクターです。ギターで使用頻度の高いコンプレッサーとディストーションを1つにまとめたペダルです。

切り替えスイッチが2つあるので、それぞれ独立で操作できます。これは結構使い勝手がよさそうですね。

ディストーションの方にはBASS BOOSTつまみが付属しています。これで迫力や音の印象を変更できます。スッキリしてBrightな感じを出したいのであればOFF、パワーコードなど迫力ある演奏をしたいのであればONにするという使い方が良いのではないかと思います。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。


MTG:LA Tube Distortion


こちらもディストーションペダルです。名前に『Tube』がついているので真空管アンプをシミュレーションしたペダルですね。本物の米国製NOS 6205プリアンプ真空管を搭載しているようです。

BOOSTスイッチが付属しているので、ソロの時に踏んだり、音圧を出すために常時ONでもいいかと思います。

音色の印象としては低音よりにシフトしているような感じです。低音がしっかり出るのはいいですね。ただ、スッキリとしたBrightな音が欲しい方には向かないかもしれません。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。


The Trapper Dual Fuzz


こちらはファズペダルです。これも2チャンネルでけっこう幅広い音作りができます。

ファズといっても歪みの少ない落ち着いた音色も作ることが可能です。特にCONTOURノブの危機が凄いです。劇的に音色を変化させることが出来ます。また、OCTAVEスイッチも付属しているので、オクターバーのような音色を作ることが可能です。

ファズには癖がつよい製品なので、求める音が鳴るかどうか試奏してから購入することをおすすめします。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。


Reflecting Pool Delay & Reverb

ディレイ&リバーブが1体となったタイプのペダルです。空間系に関してはこれ1つで十分といった感じの製品ですね。ペダルボードに組み込みやすく便利な製品かと思います。筐体もかっこいいデザインですね。

TAPテンポのフットスイッチが付属しています。これで楽曲に合わせて反響音を鳴らすこともできます。ディレイとリバーブ側にそれぞれ付属しているTYPEスイッチで音色を大まかに設定することも可能です。かなり幅広く使用できるエフェクターだと思います。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。


Pour Over Envelope Filter

こちらはオートワウのエフェクターペダルです。付属スイッチがたくさんあるので自分好みの音色にカスタマイズできます。

FILTERスイッチによってどの周波数にシフトした音色にするかを設定することができます。また、DRIVEスイッチで歪み量も調節できるようです。これはギターだけでなくベースでも使用できるように設計されています。


製品の詳細や価格はこちらを参考にしてください。



まとめ


いかがでしたでしょうか。


Fender(フェンダー)が販売しているということで気になるエフェクターではありますね。製品コンセプトとしては中~上級者向けのモデルだそうです。確かに、付属スイッチなどが多く搭載しており、細かい部分にまでこだわっていますね。痒いところに手が届くといった感じでしょうか。


筐体のデザインがかっこいいという点も良いところなのではないでしょうか。



参考になれば幸いです。




では!

参考動画

Summer NAMM 2019: Fender Smolder Acoustic OD, Trapper, MTG: LA, Pour Over & Reflecting Pool

タイトルとURLをコピーしました