スポンサーリンク

ノーダウト / Official髭男dism【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク


今回は、Official髭男dismのノーダウトです。1枚目のシングル曲、メジャー初の曲です。テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌にもなっていました。ポップな中に少しおしゃれな雰囲気がありますね。


では、いきましょう!



キー:Dメジャー
(♯2つ)


スポンサーリンク

イントロ

1〜3小節目

印象的な冒頭部分ですね。臨時記号があるので、少し怯んでしまいますが、それほど難しくありません。このフレーズには♭3rdと♭13thの音が使用されています。特に♭3rdの音はブルーノートと呼ばれ、メジャースケールに付け足すことによって、ブルージーなニュアンスを出すことができます。

この曲ではイントロ以外にも、このブルーノートが多用されています。これが、この曲の雰囲気を形作っている要因の1つです。


※マイナースケールの場合は♭5thの音がブルーノートになります。別々に覚えなくても、平行調の関係が成り立ちます。


4〜7小節目

Bm7→Em7→Em7/A→D△7→A/C#:Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅰ△7→Ⅴ/Ⅶ

循環進行が基になっています。循環進行とは、6251進行とも呼ばれ、ずっと繰り返していても問題ない(対して違和感がない)コード進行として、ジャムセッションなどで多用される進行です。

この曲では、この進行を少し変化させて使用されています。

循環進行:Bm7→Em7→A→D
この曲の循環進行:Bm7→Em7→Em7/A→D△7→A/C#





Em7/Aコード:

分数コードです。このⅡm7/Ⅴは、Ⅴコードの代理コードとして使用できる代表的な分数コードです。もともとはⅡm7→Ⅴ→Ⅰ進行だったのを、ベース音だけ変化させてⅡm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅰにしたのが始まりです。

A/C#コード

この分数コードは、Ⅰ→Ⅵmというコード進行があったときに、その間に挿入される形で使用されることが多いです。ベースラインが順番に下降していくことになり、コードの流れがスムーズになるからです。

Ⅰ→  →Ⅵm(基本となるコード進行)
Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm(間に挿入して、ベースラインをスムーズに。)




Aメロ

1〜4小節目

Bm7→Em7→Em7/A→D△7→A/C#:Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅰ△7→Ⅴ/Ⅶ

循環進行がひたすら繰り返されて楽曲が進んでいきます。これも循環進行だからこそなせる技です。


6〜7小節目

メロディ:「ピュアも正義もあったも…」

メロディにブルーノートである♭3rdの音が使用されています。




Bメロ

1〜4小節目

Bm7→Em7→Em7/A→D△7→A/C#:Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅰ△7→Ⅴ/Ⅶ

ここも同じように循環進行が使用されています。

7小節目

メロディ:「嫌ってくれて別に…」

メロディにブルーノートである♭3rdの音が使用されています。





サビ

1〜4小節目

Bm7→Em7→Em7/A→D△7→A/C#:Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅰ△7→Ⅴ/Ⅶ

ここでもAメロとBメロ同様、循環進行が使用されています。

9~10小節目

G△7→F#aug:Ⅳ△7→♯Ⅲaug

○augコードは、コードが下降していく時によく使用されます。経過音(パッシングコード)としての役割をします。

パッシングコードとして代表的なものにdimコードがありますが、部類としてはaugコードと同じものです。




Cメロ

Cメロ全体

少し混沌としているパートです。ダイアトニックコード以外のコードが多用されており、楽曲のキーが曖昧になります。

2〜4小節目

Am7→D7(♭9)→G△7:Ⅱm7→Ⅴ7(♭9)→Ⅰ△7

ツーファイブワン進行ですね。ここで一瞬だけ楽曲のキーがGメジャーになります。この辺りを契機として、ノンダイアトニックコードが多用され、キーが曖昧になります。

6〜9小節目

Bm7→E7→A7:Ⅵm7→Ⅱ7→Ⅴ7

ここもよく見るとツーファイブワン進行の形になっています。最後のA7の部分はメジャーコードではなく、7thコードが使用されています。





まとめ



いかがでしたでしょうか。


基本的には同じコード進行を繰り返し使用ています。コード展開というよりは、グルーヴ感を強調したような楽曲でしたね。

こういった曲調で頻繁に使用されるのが、循環進行です。覚えておくといいのではないでしょうか。


参考になれば幸いです。



では!



CD、バンドスコアはこちら





動画はこちら

Official髭男dism – ノーダウト[Official Video]
タイトルとURLをコピーしました