スポンサーリンク

話題のおすすめギター!YAMAHAのPACIFICA(パシフィカ)のラインナップや特徴について紹介。【機材関連】

エフェクター・機材関連
スポンサーリンク



最近、話題になっているYAMAHAのギター製品のPACIFICA(パシフィカ)について紹介したいと思います。

何よりコスパ最強のギターということで、初級者から中級者あたりまで幅広く使用できるではないでしょうか。プロギタリストの鈴木健司さんも使用していることで有名ですよね。


では、いきましょう!

スポンサーリンク

PACIFICA(パシフィカ)の製品ラインナップ


まずはPACIFICAの製品ラインナップについて紹介します。

YAMAHAのPACIFICAメーカーサイト

以下の5つが販売されており、数字が大きくなるほどクオリティが高くなります。
この記事ではシリーズの特徴を簡単に紹介します。

・PAC100 series
・PAC200 series
・PAC300 series
・PAC500 series
・PAC600 series

PAC100 series

PACIFICAのPAC100 seriesには以下の製品があります。

・PACIFICA 112V
・PACIFICA 112VM
・PACIFICA 112VMX
・PACIFICA 120H

いずれもメーカー希望価格は36,000円程度です。

ボディ木材はアルダー、ネックにはメイプルが使用されています。
ピックアップの基本構成はシングル・シングル・ハムバッカーとなっており、様々なジャンルに対応できるようなギターとなっています。PACIFICA 120Hに関してはハムバッカー・ハムバッカーです。

コイルタップ機能も付属しています。ハムバッカーの部分をシングルコイルに切り替えることができるため、歪みを抑えてキレのあるきらびやかな音にしたい時に使用するといいと思います。


いわゆるどのジャンルでも使用できるような作りになっています。
価格も控えめなのでとりあえずギターが欲しいという方にはおすすめの製品だと思います。



価格、製品の詳細はこちらを参考にしてください。

PAC200 series


PACIFICAのPAC200 seriesには以下の製品があります。

・PACIFICA 212VFM
・PACIFICA 112VQM

いずれもメーカー希望価格は41,000円程度です。

基本的なスペックはPAC100 seriesと同じですので機能面は変わりません。
見た目が少し異なるということです。なんというか高級感が増したという感じですね。

ギターは見た目が重要です。「迷ったら見た目で買え」っていう人が居ますが、まさしくその通りです。見た目が気に入るのであれば迷わずこちらの製品を選びましょう。


価格、製品の詳細はこちらを参考にしてください。


PAC300 series


PACIFICAのPAC300 seriesには以下の製品があります。

・PACIFICA 311H

メーカー希望価格は45,000円程度です。

ピックアップの構成がシングル・ハムバッカーとなっており、少し珍しい構成になっています。
フロントピックアップにはP-90が搭載されています。P-90というのはざっくりいうと”シングルだけど太くパワーがある”といったような音がしますね。

PAC300 seriesではロック式ペグが採用されています。チューニングが狂いにくく、弦交換も簡単です。

価格、製品の詳細はこちらを参考にしてください。


PAC500 series


PACIFICAのPAC500 seriesには以下の製品があります。

・PACIFICA 510V

メーカー希望価格は59,000円程度です。

このシリーズのピックアップ構成はハムバッカーのみです。
ピックアップメ―カーとして有名なSeymour Duncan(セイモアダンカン)ピックアップが搭載されています。この価格帯でこれはすごいですよね。

トレモロにはWilkinson(ウィルキンソン)が搭載されているため、チューニングやピッチの安定性も問題ないと思います。アーミングやクリケット奏法などもできるので、使い勝手が良いと思います。

※生産完了製品なので手に入りにくいかもしれません。

PAC600 series


PACIFICAのPAC500 seriesには以下の製品があります。

・PACIFICA 612VⅡFM
・PACIFICA 611VFM
・PACIFICA 611HFM

メーカー希望価格は68,000円~76,000円となっています。

このシリーズがPACIFICAの最上位製品です。
今までの良い部分をすべて詰め込みましたという感じです。
このシリーズは製品ごとに違いがあるので簡単にまとめておきます。

PACIFICA 612VⅡFM


ボディトップ:フレイムメイプル
ピックアップ構成:シングル・シングル・ハムバッカー
搭載ピックアップ:SSL1・SSL1 RwRp・Custom5 (いずれもSeymour Duncan製品)


この製品はピックアップ構成がSSHなので使い勝手がいいですね。
個人的にはこのピックアップ構成が非常に好きです。
ハイエンドギターメーカー (Tom Anderson、Shurなど…。) は大抵この構成ですからね。
木目も美しくてかっこいいです。


PACIFICA 611VFM、PACIFICA611HFM


ボディトップ:フレイムメイプル
ピックアップ構成:シングル・ハムバッカー
搭載ピックアップ:SP90-1・・Custom5 (いずれもSeymour Duncan製品)

この製品は少し落ち着いた感じの見た目です。
フロントにSP90-1が使用されています。レスポールのようなSP90のあの音色は外せない!という方はこちらを選ぶといいと思います。

※PACIFICA611HFMの方のトレモロはWilkinsonではないので注意してください。

YAMAHA(ヤマハ) / PACIFICA 611VFM

YAMAHA(ヤマハ)/ PACIFICA 611HFM


参考動画

音色などは動画の方がわかりやすいと思うので、参考になるものを載せておきます。ギタリストの鈴木健治さんが愛用しており、製品の情報を広く配信されています。

非常に参考になるかと思います。

プロギタリストが6万円台のヤマハ#パシフィカ を使う理由を語る。弾く。Fenderと比べる。
プロギタリストが初心者におすすめする大定番ギター!ヤマハ パシフィカをタメシビキ!ゲスト鈴木健治さん!YAMAHA PACIFICA
PACIFICA612VⅡFM の魅力 by ボーグ

まとめ


いかがでしたでしょうか。


非常にコスパが良いということで人気のある製品です。ここに載せた他にもレビュー動画がたくさんありますのでそれも見てみるといいと思います。


作りとしては非常に洗練されて実用性のあるギターになっています。初心者はもちろん、2本目のギターとしても実用性の高いギターだと思います。



最後に製品の特徴をまとめておきましたので参考にしてください。

 PAC100
series
PAC200
series
PAC300
series
PAC500
series
PAC600
series
ピックアップ構成・SSH
・HH
・SSH・SH・H・SSH
・HH
ボディ・アルダー・フレイムメイプル
・キルテッドメイプル
・アルダー・アルダー・フレイムメイプル
ネック・メイプル
・ローズウッド
・ローズウッド・ローズウッド・ローズウッド・メイプル
・ローズウッド
ブリッジ・ビンテージタイプ・ビンテージタイプ・ビンテージタイプ・Wilkinson・Wilkinson
・ビンテージタイプ
特徴・コイルタップ機能
・5wayスイッチ
など...
PAC100 seriesと同様。・P90ピックアップ搭載・Seymour Dancan
 ピックアップ搭載
・トレモロユニット搭載
・最上位の製品
・Seymour Dancan
 ピックアップ搭載
・トレモロユニット搭載
メーカー希望価格36,000円程度41,000円程度45,000円程度59,000円程度68,000円~
76,000円程度



参考になれば幸いです。



では!


タイトルとURLをコピーしました