スポンサーリンク

ドリアンスケールを使いこなす【音楽理論】

スケール(音階)理論
スポンサーリンク



今回は、ドリアンスケールについて解説したいと思います。
メジャースケールから派生されるスケールでは、ナチュラルマイナースケールの次によく使用するかもしれません。

それほど難しくはないので、ぜひ覚えて使用してみてください。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

ドリアンスケールの構成

 


Cドリアンスケールの構成は上記の図の通りです。
マイナー系のスケールなので♭3rdが含まれていますね。
(ドリアンマイナースケールとも言われます…。)

スケール構成はナチュラルマイナースケールの♭6thを半音上げたものです。
スケールの特徴音は6thの音になります。この部分がメジャー系の成分を持っているので、少しおしゃれな浮遊感のあるスケールになっています。

 

 

ドリアンスケールの使い方


ドリアンスケールは主にジャズで使用されるスケールです。
ジャズの巨匠であるパット・マルティーノが非常によく使用しますかね。

ドリアンスケールが使用されるのは2つの場合です。

①ダイアトニックコード上のⅡm7
 ドリアンスケールがメジャースケールの第2音から始まるスケールだからです。曲のキーから逸脱したくない時に使用します。

例)Dm7→G7→Cの場合(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ)
  Dドリアンスケール→Gミクソリディアンスケール→Cメジャースケール

※この3つのスケールはすべて同じ音で構成されています。
 いずれもCメジャースケールから派生したスケールだからです。

 

②マイナーコード1発
 これはドリアンスケールがマイナー系のスケールだからです。 マイナーペンタトニックやナチュラルマイナースケールよりもジャズ感(浮遊感)が出ます。
この時に6thの音をうまく使用するのがポイントです。
6thはドリアンスケールを特徴づけるので、この音を意識しましょう。

例)Amコード:Aドリアンスケールの特徴音→F#音

※この特徴音は、”ドリアンノート”とも呼ばれます。

 

ドリアンスケールの覚え方

ドリアンスケールには2つの覚え方があります。
上記でも記載した通りの理由から2つの覚え方があります。

曲中で使用するのであれば②の覚え方がいいと思います。
コード一発の場合は、6thの音を意識したいので①の覚え方になります。


①ナチュラルマイナースケールの6thを半音上げたスケール
 ナチュラルマイナースケールの♭6thを半音あげます。メジャー感が含まれているので、浮遊感が出ます。

例)Aナチュラルマイナースケール:A・B・C・D・E・F・G
  Aドリアンスケール:A・B・C・D・E・F#・G



②メジャースケールの第2音からはじめたスケール
 ドリアンスケールはメジャースケールの第2音から始めたスケールです。
メジャースケールさえ弾ければ、自動的にドリアンスケールも弾くことができるというわけです。

例) Cメジャースケール:C・D・E・F・G ・A・B
   Dドリアンスケール: D・E・F・G ・A・B・ C

※構成音はどちらのスケールも同じです。

 

まとめ



いかがでしたでしょうか。

今回はドリアンスケールについて紹介しました。
ジャズでよく使用されるスケールなので、これが使用できるとジャズらしい演奏になるかと思います。


マイルス・デイヴィスを代表する”モード手法”では主流のスケールです。
あとはパット・マルティーノなどのジャズギタリストですね。


ロックではマイナーペンタトニックスケール+6thという形で使用されることが多いです。
ポールギルバートがこのアプローチをよく使用します。


構成音的にはそれほどややこしくないスケールなので、ぜひ覚えて使用してみてください。



参考になれば幸いです。



では!

 

タイトルとURLをコピーしました