スポンサーリンク

キー(調)とは? 〜♯、♭との関係について〜【音楽理論の解説 #10】

音楽理論
スポンサーリンク

第10回目は、「キー(調)」についてです。カラオケなどでもよく耳にする言葉ですよね。楽曲という単位を考えた時、かなり重要になってくる概念ですので、理解してください!


では、いきましょう!

スポンサーリンク

キー(調)の意味とは?


まず、キー(調、英語:Key)とは何かということですね。一言でいうと「楽曲で主に使用されるスケール(音階)を表すもの」です。

つまり、その楽曲のメロディ、フレーズ、コードの元となっているスケール(音階)を表すものです。ちなみに、楽譜でいうと下図の部分のことを「調号(Key Signature)」といいます。「キー(調)を表す記号」ということですね。


たいていの場合、作曲を始めるときには「何のスケールを使おうか…」ということを考えるんですね。作曲する際の指針のようなものです。

(もちろん、スケールなんて意識していない方もいますが、その場合は”無意識”のうちに決めているという感じになります。)


したがって、キー (調)というのは「楽曲」という単位を考えたときに重要になってくる概念になります。


キー(調)と #、♭の関係


では、キーと#、♭はどういう関係になるのでしょうか。これは使用されるスケールを考えたときに「#、♭がいくつ付くか」で決まっています。


例えば、Cメジャースケール「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」を使用した楽曲では、すべて白鍵を使うので、♯、♭ともに何もつきません。この場合、楽曲のキーは「Cメジャー(ハ長調)」ということになります。
 

〇春がきた(一部抜粋)




 

では、Gメジャースケール「ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#」を使用した楽曲はどうなるか。この場合は、#が1つ付くことになりますので、この楽曲のキーは

「Gメジャー(ト長調)」ということになります。


〇にんげんっていいな(一部抜粋)
 ※わかりやすくするため、楽譜の調号は省略しています。

 

 

また、Fメジャースケール「ファ・ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ」場合は♭が1つ付くことになるので、この楽曲のキーは「Fメジャー(ヘ長調)」ということになります。

〇まっかな秋(一部抜粋)
※わかりやすくするため、楽譜の調号は省略しています。





これがキーと#、♭の関係です。スケールとかなり密接に関係しているのがキー(調)という概念です。スケールを考えた時の#、♭の数が重要になってきます。

キー(調)の一覧

では、キー(調)の#、♭についてまとめておきましょう。全部で12個のキーが存在します。これらを使いこなせるようになることが、作曲はもちろん、楽器の演奏を上達するうえでかなり重要になります。

ちなみに、日本語表記では「#(シャープ)=嬰」、「♭(フラット)=変」といいます。

#(嬰)キーの一覧

♭(変)キーの一覧

 

キー(調)を変更するとどうなるか?

では、最後に「楽曲のキー(調)を変更するとどうなるか。」ということです。

極論を言うと「あまり変わりません。」もちろん使用する音自体が異なるので雰囲気は変化しますが、きっちり楽曲として成り立ちます。



キーがGメジャーの楽曲をキー:Fメジャーに変更した場合の例を聴いてみましょう。楽曲としてはあまり変わらないことがわかると思います。まずはキー:Gメジャー(ト長調)を聴いてみましょう。



次は、キー:Fメジャー(ヘ長調)に変更した楽曲です。



ぶっちゃけ「あまり変わらない」ですよね。これがキー(調)の特徴です。変更してもそれほど影響はないのです。なので、カラオケでも自由にキーを変更して歌うことができるんですね。


あまり変化しない理由は、「スケール(音階)の基準の音が異なるだけ」だからです。

スケール(音階)の時に触れましたが、メジャースケールであれば、Cメジャースケールであろうと、Gメジャースケールであろうと、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の”ように”聴こえるんですね。これと同じことがキー(調)が変わった時にも起こっているだけです。なので、あまり変化したようには感じません。

まとめ


いかかでしたでしょうか。


キー(調)はかなり抽象的な概念なのでなかなか難しいと思いますが、かなり重要になってくるので是ぜひ覚えてください。

今回のポイントは3つ。

①キー(調)とは、「楽曲で主に使用するスケールを表す」ものである。
② キー(調)は、使用されるスケールに#、♭がいくつ付くかで決定する。
③キー(調)を変更しても、楽曲は変化していないように聴こえる。



参考になれば幸いです。

では!



タイトルとURLをコピーしました