スポンサーリンク

マイナースケールの種類とは?【音楽理論の解説 #8】

音楽理論
スポンサーリンク

第8回は、マイナースケールについてです。

ギタリストはこれから覚える人も多いのではないでしょうか。メジャースケールだけでなく、マイナースケールも使いこなせると音楽の視野が広がります。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

マイナースケールとは?

マイナースケールは、単純に言うと「暗い響きのするスケール」です。明るい響きのするメジャースケールとは対称的な存在なのです。


フォークソングや演歌などはマイナースケールを使用した曲が多いと考えていいでしょう。クラシックだとベートーヴェン「運命」や、ショパン「革命 (Etude Op.10-12)」なんかが有名なのではないでしょうか。


情熱的&悲しげな雰囲気を出すのに適したスケールだともいえるでしょう。では、これについて見ていきましょう。


マイナースケールの種類


なんとマイナースケールは3種類あるのです。

・ナチュラルマイナースケール(自然短音階)
・ハーモニックマイナースケール(和声短音階)
・メロディックマイナースケール(旋律短音階)


「えっ!?」と思いますよね。ですが、安心してください。よく使用されるのは1つで、たまに2つが出てくるような感じです。順番にみていきましょう。

ナチュラルマイナースケール(自然短音階)

ナチュラルマイナースケール(自然短音階)は「全・半・全・全・半・全・全」という音の並びで構成されています。

例えば、基準の音を「ラ」としたときのAナチュラルマイナースケールは以下のようになります。


実は、ナチュラルマイナースケールはメジャースケールから派生したマイナースケールなのです。そのため、Cメジャースケールの6番目の音である「ラ」から始めるとAナチュラルマイナースケールになるんですね。


つまり、AマイナースケールとCメジャースケールは、始まりの音が違うだけで、同じ音が使用されています。

なので「自然」に発生したということで「自然短音階」という呼び方になっています。

現代の音楽では、マイナースケールというと基本的にはこのナチュラルマイナースケールが使用されることになります。

ハーモニックマイナースケール(和声短音階)


ハーモニックマイナースケール(和声短音階)は「全・半・全・全・半・(全+半)・半」という並びです。

しかし、この並びを覚える必要はありません。ナチュラルマイナーの7度の音が半音上がったスケールと覚えればいいでしょう。


このスケールは「ファ」と「ソ#」の間隔が大きく開いてるため、非常に「クセ」のある響きがするんですね。これが心地よかったりするのですが、かなり個性のあるスケールですので、使い時には注意しましょう。


ギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンなんかはバンバン使用するスケールです。ジャンルで言うと、メタルなどでよく見かけるスケールです。


メロディックマイナースケール(旋律短音階)


メロディックマイナースケール(旋律短音階)は「全・半・全・全・半・全・全」という並びです。


ハーモニックマイナーの「6度の音を半音上げた」スケールであり、良くも悪くも癖の少なくなったスケールとなっております。

というのも、ハーモニックマイナー独特の癖をなくすために考案された経緯があります。中東的なアラビアンな感じがしますよね。ジャズでたまに使用されるスケールです。


マイナースケールの覚え方

最後に覚え方をまとめておきます。人によってさまざまで、全てを覚える必要はないですが、以下のように覚えると楽でいいと思います。

ナチュラルマイナースケール

Cメジャースケールの「6度の音から始めた」スケール

 

ハーモニックマイナースケール

Aナチュラルマイナースケールの「7度を半音上げた」スケール

 

メロディックマイナー

Aメジャースケールの3度の音を「短3度」にしたスケール


まとめ


いかかでしたでしょうか。


マイナースケールは3つあるのですが、変化した部分だけに着目すればそれほど難しくありません。また、ポップス、ロックではほとんどがナチュラルマイナースケールなので、とりあえずこれだけ覚えておけば問題ないでしょう。


今回のポイントは4つ。

①マイナースケールは暗い響きのするスケールであり、3種類存在する。
②ナチュラルマイナー(自然短音階)が最も基本で、メジャースケールの6番目の音から始まるスケールである。
③ハーモニックマイナー(和声短音階)は、ナチュラルマイナーの短7度を半音上げたスケールであり、癖のある響きがする。
④メロディックマイナー(旋律短音階)は、ハーモニックマイナーの短6度を半音上げたスケールで、中東風の響きがする。


参考になれば幸いです。



では!




タイトルとURLをコピーしました