MENU
リズム理論

途中で3拍子に変化する楽曲を紹介〜可変拍子、転拍子という手法について〜

今回は、楽曲の途中で拍子が変化する「可変拍子(転拍子)」という手法についてみていきたいと思います。

では、早速いきましょう。

可変拍子(転拍子)とは?

みなさんご存じの通り、拍子というのは楽曲中の”ノリ”の根幹になる要素です。

例えば、4拍子は「イチ、ニッ、サン、シッ」、一方、3拍子というのは「イチ、ニッ、サン」ということになります。




世の中にはこれらが途中で切り替わるような楽曲が存在しており、楽曲の展開にインパクトを与えています。


例えば、めちゃくちゃ極端な例をあげると「あんたがたどこさ」という童謡曲。これは、メロディに付随して拍子がころころ変化していると考えられます。


実際の楽曲ではここまで極端ではなく、パート(Aメロ、Bメロ、サビ…)ごとが多いですが、拍子が途中で変化するというのはなかなかのインパクトがあり、音楽用語では「可変拍子」や「転拍子」と呼ばれるようですね。

今回は、これらの手法が使用される楽曲についてみていきたいと思います。

可変拍子(転拍子)が使用されている楽曲

天ノ弱 / 164 feat.GUMI

ボカロを代表するこの楽曲。通常は4拍子なのですが、Bメロでスイング気味の3拍子になっています。



Aメロの最後が、2拍3連のフレーズになっており、それを契機としてBメロの3拍子へと繋いでいますね。


Pale Blue / 米津玄師

この楽曲も後半部分で3拍子に切り替わり、そのまま楽曲のラストへと繋がります。


これも天ノ弱と同じく2拍3連から3拍子へとつなげていますね。どうやらこのパターンは3拍子につなげるのに有用そうですね。

かくしん的☆めたもるふぉ~ぜっ!/ 干物妹!うまるちゃんOP

アニメ「干物妹!うまるちゃん」のOPテーマ曲です。この楽曲はBメロでクラシック風のアレンジから唐突に3拍子になります。


B♭→C→D(♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰ)の定番終止コードでいったん終わってから、Bメロにつながるので、楽曲としては”切り取った”みたいな感覚がありますね。

そのせいもあってか、エンタメ効果の要素が強いような楽曲です。

光と風にのせて / 「TARI TARI」キャラクターソング

アニメ「TARITARI」キャラクターソングの『光と風にのせて』という楽曲です。



これも先ほどと同じように、いったん終止させてから3拍子のBメロへと移行します。あまり有名ではないですが、キャッチ―で良い楽曲だと思います。

fantastic dreamer / Machico


アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」のOPテーマである「fantastic dreamer」です。これもBメロで3拍子に切り替わっています。


楽曲展開が目まぐるしく、アニソン特有のハチャメチャな感じが出ている楽曲です。

1/3の純情な感情 / SIAM SHADE


アニメ「るろうに剣心」のEDテーマ曲の1/3の純情な感情です。間奏部分のギターソロで4拍子から3拍子になっており、複雑なギターソロ構成になっています。


「MOON」という楽曲のBメロもそうです。この「SIAM SHADE」というアーティストは変拍子をかなり頻繁に使用するので、ぜひ他の楽曲も聴いてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


今回は、途中で3拍子に切り替わる楽曲について紹介してみました。聴き手にとっては奇想天外な感覚になりますが、いずれの楽曲もうまく取り入れて効果的に使用されていました。


参考になれば幸いです


では!


ABOUT ME
だっとさん
ピアノ、ギター、作曲をする音楽家。ポップス、ロック、アニソン、ボカロなどの楽曲分析、音楽理論、DTM、ギター機材関連の情報を発信! Youtubeでも動画配信しているので見てね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA