スポンサーリンク

満月の夜なら / あいみょん【コード進行分析】

ポップス
スポンサーリンク


今回は、あいみょんの番月の夜ならです。
メジャー4thシングルです。アップテンポで軽快なリズムが際立っている曲ですね。
個人的には好きな雰囲気です。


では、いきましょう!


キー:E♭メジャーです。
(♭3つ)


スポンサーリンク

Aメロ



7~8小節目:G→CmFm→B♭
ここのGコードはセカンダリ―ドミナントの役割をしてます。
本来であれば、4和音のG7コードなのですが、3和音になっています。
次のCmコードにドミナントモーションしています。

Fm→B♭の流れはⅡm→Ⅴ(ツー・ファイブ)進行です。


Bメロ



1~2小節目:Cm→B♭→A♭→B♭
特別なコード進行ではありませんが、かっこいい部分です。

サビ



1~2小節目:A♭→E♭→G→Cm
Ⅳ→Ⅰ→Ⅲ→Ⅵmの進行です。ポップパンク進行と似ている進行ですね。
Ⅲはセカンダリードミナントの4和音が3和音になっています。


Aメロ②


2題目のAメロです。


1~2小節目:A♭→E♭→G→Cm
サビでも使用されていた進行です。
これが3小節繰り返されています。


間奏



1~4小節目:A♭→E♭→A♭→B♭
Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴの進行で、基本的なコードが使用されています。

アウトロ



アウトロ全体:
コード進行はAメロと同じです。

まとめ



いかがでしたでしょうか。

コード進行自体はダイアトニックコード主体でそれほど難しくありません。
ギターストロークのリズムがかっこいいですね。
楽曲アレンジをシンプルにして、リズム的なアプローチを重点に置いた曲になっていると思います。



参考になれば幸いです。


では!



原曲はこちら。

あいみょん – 満月の夜なら 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】


タイトルとURLをコピーしました