スポンサーリンク

勘冴えて悔しいわ / ずっと真夜中でいいのに。【コード進行分析】

バンド
スポンサーリンク




今回は、ずっと真夜中でいいのに。勘冴えて悔しいわです。
少しおしゃれな雰囲気のアップテンポの曲です。
相変わらず楽器の演奏が上手ですね。


では、いきましょう!


キー:Fメジャーです。
(♭1つ)


スポンサーリンク

イントロ




1~2小節目:B♭→A♭→Dm7→F
A♭7はセカンダリードミナントです。
次のDm7にドミナントモーションしています。

この曲では、このコード進行パターンが頻用されています。


Aメロ



4小節目:Bdim
ここのdimは経過音です。
次のB♭に半音上からアプローチしています。


9小節目D7
セカンダリードミナントです。
Bメロの最初のコードがGm7なので、
そこに向かってドミナントモーションします。


Bメロ



Bメロ全体:
Gm7が主体で使用されているので、
キーがGマイナーに変化したと考えてもいいかもしれません。


8小節目:D7
サビ前のⅤ7コードです。
キー:Gマイナーでサビに入ると見せかけています。

実際には、サビのキーはFメジャーですので、
サビで転調感を出すことができます。


サビ




4小節目:Dm7→Cm→F
ここのCm(Ⅴm)はなぜマイナーなのか。
これは”ドミナントマイナー”と呼ばれるものです。
原則、ドミナントマイナーの次のコードはⅣでなればいけません。

一瞬だけ、キーがB♭メジャーになったと考えるからです。
そう考えるとツー・ファイブ・ワン進行になります。

キーがFメジャー:Cm→F→B♭(Ⅴm→Ⅰ→Ⅳ)
キーがB♭メジャー: Cm→F→B♭(Ⅱm→Ⅴ→Ⅰ)

これについてはこちらでも解説しています。
アイデア/星野源【コード進行分析】



9~11小節目:B♭→F/C→Dm7
F/Cという分数コードが使用されています。
ベースラインが駆け上がる進行にすることができます。
駆け上がるコード進行は、高揚感みたいなものを演出できます。


Bメロ②



2題目のBメロはコード進行が異なります。


1~3小節目:B♭→F/C→Dm7
ここもF/Cという分数コードが使用されています。
ベースラインが駆け上がる進行にすることができます。


8小節目:Bdim→C7
ここのBdimは、次のC7に対する経過音です。
半音下からのアプローチです。

C7はサビ前のⅤ7コードです。
キーのFメジャー感を演出してそのままサビに入ります。
1題目のサビ前とは異なる感じがすると思います。
(1題目と比較して、2題目のほうがスッっとサビに入る感じがすると思います。)

間奏




ベースのスラップ奏法が印象的な部分。


4小節目:Bdim
ここのdimは経過音です。
次のB♭に半音上からアプローチしています。


Cメロ




6小節目:C#dim
ここのdimも経過音です。
次のDm7に半音下からアプローチしています。

※C#dimは、A7コードの代理コードとしても使用できます。
 従って、ここの部分はA7でも問題ないです。Dm7へドミナントモーションします。


アウトロ



「遺影、遺詠、遺影、死体。」で終わる前の部分。


4小節目:Bdim
ここのdimは経過音です。
次のB♭コードへの半音上からのアプローチです。


8小節目:Cm→F
ドミナントマイナーが使用されています。
サビで解説しましたので、参考にしてください。


まとめ




いかがでしたでしょうか。


特徴的なコード進行パターン (B♭→A7→Dm7→F) が、
曲中で何度も使用されています。

これによって曲自体を印象付けることができるんですね。

アップテンポな曲なので、弾くのは大変なのではないでしょうか。
練習がんばってください!


参考になれば幸いです。


では!

原曲はこちら。

Kan Saete Kuyashiiwa
タイトルとURLをコピーしました