スポンサーリンク

定番の基本コード進行!『ポップパンク進行』について解説する。

コード進行パターン紹介
スポンサーリンク



これまでは代表的な3つのコード進行について紹介してきました。

今回は、ポップパンク進行です。
世界で最も使用されているコード進行ともいわれています。

ポップパンク進行とばれるものには大きく分けて3つあります。
といっても、コード進行の順番が少し異なっているだけです。


では、いきましょう!


スポンサーリンク

ポップパンク進行 ~1564進行~

 
これが基本のポップパンク進行です。
海外では”Pop Punk Chord Progression”という名称で親しまれています。

Wikipediaではこの進行を使用した曲のリストがまとめられています。
ポップパンク進行を使用した曲の一覧


この1564という数字の部分は、
ダイアトニックコード上のⅠ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳ進行という意味です。


なんか切ない感じがします。バラードやフォークソングにもぴったりの進行です。
代表的な曲だとBeatlesの『Let it be』があげられますね。

The Beatles – Let It Be – Let It Be (STEREO REMASTERED)



ポップパンク進行 ~4156進行~


少しおしゃれな感じがするのは私だけでしょうか。
ポップな跳ねるリズムで使用すると感じが出ると思います。

テイラー・スウィフト の 『We Are Never Ever Getting Back Together 』はずっとこの進行です。米津玄師の「Lemon」のサビもこの進行ですね。

Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back Together


ポップパンク進行 ~6415進行~


これは、 小室進行と似ているポップパンク進行ですね。

小室進行:Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ
ポップパンク進行:Ⅵm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ


3つ目と4つ目のコードが入れ変わっていますよね。
ポップパンク進行のほうが少し爽やかな感じがします。

※この2つの進行は似ていますが、和声的には全く機能が異なる進行です。

邦楽だとRADWIMPSの『前前前世』、 ONE OK ROCKの『Re:make』とかですね。
Deco*27の『弱虫モンブラン』はほとんどこの進行のみで構成されています。

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV



ポップパンク進行の覚え方


ポップパンク進行は3つありますが、3つすべてを個別に覚える必要はありません。
コード進行の順番は全部一緒だからです。 以下に説明します。

まず、ポップパンク進行を反復して使用することを想定します。
 


この8つのコードの始まり箇所を変更することによって、
これまで紹介してきた3つのポップパンク進行パターンが見えてきます

ポップパンク進行 ~1564進行~


基本のポップパンク進行を最初から始めます。
Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳになります。
 

 

ポップパンク進行 ~4156進行~


基本のポップパンク進行の4番目から始めます。
Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳになります。
 

ポップパンク進行 ~6415進行~


基本のポップパンク進行の3番目から始めます。
Ⅰ→ⅤⅥm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅳ
 

 


つまり、ポップパンク進行を繰り返していくと、3つのコード進行の順番は一緒です。
ポップパンク進行というのは、このコードの並びのことを言うんですね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ポップパンク進行は、順番を入れ替えるだけでも雰囲気が異なります。
そういう点では 手軽にバリエーションが増えるので便利ですよね。


邦楽でよく使用されるコード進行の紹介はこれで一旦終わりです。
以下の3つのコード進行も参考にしてみてください。
定番コード進行①:カノン進行
定番コード進行②:王道進行
定番コード進行③:小室進行



参考になれば幸いです。



では!


 

タイトルとURLをコピーしました